【プロデュース48】EP4(4話)グループバトル全動画まとめと感想!順位結果も!

今、日韓合同アイドルオーディション【プロデュース48】がとっても熱いですね!いよいよ中盤戦ということで、第3話(6/30)から4話(7/6)にかけて、グループ対抗パフォーマンスバトルが開かれました。今回はそのグルーP対抗パフォーマンスの全バトルの様子とその会場での現場投票の結果をお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク


グループ対抗パフォーマンスのルール

92人の参加メンバーが、第3話ではランダムに5人〜7人組のチームに分けられました。

各チーム練習期間、リハーサルを経て2チームづつが同じ曲で競うパフォーマンスバトルが第3話の後半から4話にかけて行われました。

審査は会場での投票で行われ、メンバー一人一人への投票数のグループ合計で競います。

(対抗人数が違う場合は、個人の獲得点数のの平均点で競います。)

そして、合計点数が高い方のチームにはメンバー全員に個人の獲得票に1000票が追加されます

1000点プラスは大きく合計点数に影響することが期待されます。

その点数に国民投票の票数が加算され、中間集計結果が出されます。

今回のチーム対抗パフォーマンスでは、貴重な1000ポイントの獲得と継続中の人気投票のためのアピールとして、各メンバーがチームワークでベストのパフォーマンスを目指しました。

パフォーマンス対決を動画やメンバー名ともに会場投票結果を紹介していきます。

スポンサードリンク

Love Whisper〜耳を澄ませば(Gfriend) 対決

1組メンバー

ワン・クー武藤十夢ソン・ウンチェ永野芹佳山田野絵市川愛美

2組メンバー

矢吹奈子、ユン・ウンビンキム・ナヨン荒巻美咲、 栗原紗英カン・ダミン

Love Whisper〜耳を澄ませば(Gfriend) 対決の結果

結果は2組の勝ちでした。

Love Whisper〜耳を澄ませば(Gfriend) 対決の感想

両チームのそれぞれ頑張りました。

1組はメインボーカルを決めるのが大変だったようですが、歌声も素敵に仕上がっていましたね!

審査員も納得のでき映え!

結果は、ダントツに票を集めた矢吹奈子ちゃんの票のお陰で2組の勝ちとなりました。

“Peek-A-Boo”(Red Velvet)対決

1組メンバー

松井珠理奈ペ・ウンヨンアレックス・クリスティンワン・イーレンイ・カウンチャン・ギュリ

2組メンバー

キム・ダヘキム・ユビン, ホン・イェジ, 下尾みうイ・ユジョン加藤夕夏

“Peek-A-Boo”(Red Velvet)対決の結果

結果は2組の勝ちでした。

“Peek-A-Boo”(Red Velvet)対決の感想

両チームともかっこいいですね〜!

1組のチャンギュリちゃんがメインボーカルとして頑張ってくれました。センターを務めのがワンイーレンちゃんの美しさが際立っていました。

2組は平均して全メンバーが高得点を獲得したことが勝利の結果となりましたね。

スポンサードリンク

Short Hair 〜ショートヘア(AOA)対決

1組メンバー
高橋朱里, キム・シヒョン, キム・ミンソ, チョ・ユリ, ユ・ミニョン, 小嶋真子

2組メンバー

松岡菜摘今田美奈、 長谷川玲奈イ・シアンアン・イェウォン

Short Hair 〜ショートヘア(AOA)対決の結果

結果は1組の勝ちでした。

Short Hair 〜ショートヘア(AOA)対決の感想

高橋朱里ちゃん、センターとして頑張りましたね。リハーサルではセンターの変更をトレーナーに勧められ涙を流すこともありましたが、チームに支えられ練習に励んだ努力の結果が現れましたね!困難を一緒に乗り越えてくる中チームの心も通じ合うようになり、ステージでのチームワークもバッチリでした。

対する2組、スタイルの良さに目を奪われるほどで、チームとしてもよくまとまっていましたね。美しいパフォーマンスに歌声に、センターは今田美奈ちゃんが担当し、日本人センター同士の対決となりました。

Mamma Mia〜マンマミーア(KARA)対決

1組メンバー

村瀬紗英, 中西智代梨, パク・ミンジ, パク・ジウン, キム・ヒョナ

2組メンバー

チョ・サラン, シン・スヒョン, 宮崎美穂, 村川緋杏, 篠崎彩奈, チェ・ソウン

Mamma Mia〜マンマミーア(KARA)対決の結果

結果は1組の勝ちでした。

Mamma Mia〜マンマミーア(KARA)対決の感想

1組センターのキムヒョナちゃんのスタートのシーン、とっても魅力的でした!注目はリハーサルでもうまくいかなかった難しい高音部”閉じ込め〜て〜”、大成功でしたね!

2組前奏の部分が綺麗でしたね〜。先生方も笑顔になりましたね。

日本語歌詞で韓国メンバー頑張りましたね〜!

ハイテンション 〜High Tension(AKB)対決

1組メンバー
ユン・ヘソル, キム・ダヨン, 岩立沙穂, チョ・ヨンイン, 茂木忍, 中野郁海

2組メンバー

竹内美宥、小田えりな、ホ・ユンジン (キリンちゃん)、チョ・アヨン、キム・スユン

ハイテンション 〜High Tension(AKB)対決の結果

結果は2組の勝ちでした。

ハイテンション 〜High Tension(AKB)対決の感想

3話での練習風景をご覧になられた方は1組のパフォーマンスがどうなることかと心配で仕方なかったのではないでしょうか。さほちゃんのセンターも自信をつけて頑張ってくれました。

キリンちゃんが、センターとしてカリスマ性を発揮してくれました。最高に輝いていましたね。竹内みゆちゃんのメインボーカルも上手ですね。一時はキリンちゃんもセンターを続ける自信を無くしていましたが、短い練習期間でこんなに変化を起こせるんですね!

スポンサードリンク

Boombayah(BlackPink)対決

1組メンバー
イ・チェジョン, コ・ユジン, パク・チャンジュ, クォン・ソヨン, キム・ソヒ

2組メンバー
カン・ヘウォン, 千葉恵里, 佐藤美波, ハン・チョウォン, 浅井七海, 浅井裕華

Boombayah(BlackPink)対決の結果

結果は2組の勝ちでした。

Boombayah(BlackPink)対決の感想

きました!ブンバヤー対決!

と言っても2組仕上がりが心配でしたが…。もしや1組の不戦勝もあり得るとまで思っていました。でも、その気持ちは十分理解できるほど、全韓国メンバーを相手に韓国人2人日本人4人で、それも難関ブンバヤー対決とは…、誰でも「無理〜(涙)」ってなりますよね。

が、2組ちゃーんと立ち直り、本番には本気で挑んでくれました。自信喪失ゾンビ状態の日本人メンバーを立ち直らせてここまで持ってきたヘウォンちゃんとチョウォンちゃんに拍手を送りたい!2組の練習風景をご覧になられた方は、このパフォーマンスで感動の涙を流してしまうかも。

もう舞台に立っただけで十分!と思いきや、最高!?のパフォーマンスいつの間に!?という状態で、リハーサルで「素晴らしい!」と太鼓判を押されていた1組に勝っちゃいました!

 Like OOH-AHH 日本語バージョン(TWICE)対決

1組メンバー
パク・ヘユン, キム・チェウォン, 後藤萌咲, イ・スンヒョン, ファン・ソヨン, キム・ドア

2組メンバー
イ・ハウン, チョ・ガヒョン, 内木志, パク・ソヨン, パク・ジニ, チェ・ヨンス

Like OOH-AHH 日本語バージョン(TWICE)対決の結果

結果は1組の勝ちでした。

Like OOH-AHH 日本語バージョン(TWICE)対決の感想

1組の注目は後藤萌咲ちゃんでしょうか。可愛いパフォーマンスと歌声でしたね!センターのスンヒョンちゃんもいい感じに目立っていてグループ全体のまとまりもバランス良いパフォーマンスですね!

途中までグループがまとまらず、個人行動の多かった2組チーム。心を打ち明けチームワークがだんだんと芽生え仲良くなって舞台に立つことができました。

Very Very Very(I.O.I) 対決

チェ・イェナ, ナ・ゴウン, 白間美瑠, 本田仁美, アン・ユジン, チャン・ウォニョン

イ・チェヨン, クォン・ウンビ, 宮脇咲良, 本村碧唯, キム・ミンジュ, キム・チョヨン

Very Very Very(I.O.I) 対決の結果

結果は1組の勝ちでした。

Very Very Very(I.O.I) 対決の感想

お待ちかね、very very veryの対決も白熱の戦いとなりました!本当にどのチームも甲乙つけがたい素晴らしいパフォーマンスでしたが、こちらも大注目のバトルでした。

最初からグループも仲良くまとまりのある1組は、センターウォニョンちゃんの魅力全開で、リハーサルも大成功!本番に挑む気持ちにも余裕があったことでしょう。

対する2組、先生のコメントによりセンターを変更し続け、本番はチョヨンちゃんのセンターに戻してチャレンジしました。結果的にはチョヨンちゃんのセンターで正解だったのではないでしょうか。センターにも挑戦しましたが、最終的にはセンターの座をチョヨンちゃんに手渡した注目の宮脇咲良ちゃんも、思いっきりキラキラ輝いていてチャーミングでした。

個別票数とEP(5話)での中間発表と

↓こちらの結果、パフォースマンスでの個人の会場投票による得点です。

59位以下のメンバーはオーディション敗退リタイアとなるのです。

上の表の得点は最終結果ではありません。

 

上述しましたが、1対1のパフォーマンス対決で勝った方の各メンバーには1000点が加算されます。

さらに、国民投票での票数を加算します。

 

●パフォーマンスからの個人の現場人気投票数

●勝ったチームの各メンバーには1000点加算

●これまでの人気投票数

=パフォーマンスバトルの合計点数

その合計点数により、59位以下のメンバーが敗退となります。

ここでオーディション開始後初めてリタイアするメンバーが選ばれることになり、

92人の参加者から58人に(3/1の人数が)減らされるということになります。

その結果は、エピソード5(第五話/7月14日放送)で放送予定となっています。

プロデュース48これからの放送予定

プロデュース48を公式的に視聴できるのは以下の方法があります。

韓国本国での放送は、毎週金曜日の11:00PMとなっています。

 

プロデュース48今後の放送予定

PRODUCE48 #3 07/05(木) 09:20~12:00
PRODUCE48 #4 07/06(金) 23:00~01:40/ 07/12(木) 09:20~12:00
PRODUCE48 #5 07/13(金) 23:00~01:40/ 07/19(木) 09:20~12:00
PRODUCE48 #6 07/20(金) 23:00~01:40/ 07/26(木) 09:20~12:00
PRODUCE48 #7 07/27(金) 23:00~01:40

<BSスカパー>

●料金加入月無料、翌月から基本料金421円+選択チャンネル料金)

日本語字幕で視聴が可能です。

<Mnet>

●視聴料金は2484円/月

●Mnetを見るにはスカパー、J:COM、ひかりTV、ケーブルTV、auひかりのどれかに加入する必要があります。

日本語字幕で視聴が可能です。

<Mnetスマート=韓国の動画オンデマンドサービス>

ベーシックプラン =1200 円/月

プレミアムプラン=2300円/月(日本語字幕で視聴可能)

Mnetスマートの公式サイトはこちらです。

*翌月継続の場合に限り初月が無料になります。

*スカパーでMnetを契約している場合は、Mnetスマートが無料で視聴可能


スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です