スワロフスキーとは?ただのガラス?高価な理由やラインストーンとの違いも!

”スワロフスキー”の輝きはただのガラス玉とは一味ちがい虹色の輝きを放つとも言われていますね。でもそもそもスワロフスキーとは何でしょう。ダイヤモンドとは違ってただのガラスなのになんで高価なんだろう….という疑問をお持ちの方も多いようですね。そんなスワロフスキーが高価な理由やラインストーンとの違いも検証してみました。

Swarovski JP 公式ホームページはこちら

スワロフスキーとは?

 

スワロフスキーというのは、オーストリアのクリスタル(高級ガラス)製品を扱う会社名(ブランド名)です。

1895年にオーストリアのチロルに創業者 ダニエル・スワロフスキーにより創立された会社で、ヨーロッパの老舗でオーストリアを代表する会社の一つで世界的にも有名です。

”白鳥”のブランドロゴが素敵ですね。

スワロフスキー社は、その高い技術と品質がヨーロッパ各国からも認められ、あの格式高いベルサイユ宮殿やオペラ劇場のシャンデリアパーツなども手がけました

スワロフスキーのガラスの特徴は?

スワロフスキー社の製品の輝くガラスを一言で説明すると、それは”クリスタルグラス”です。

スワロフスキーのガラスの特徴をまとめると以下の2つにまとめられます。

素材にこだわったクリスタルグラス

ただのガラス玉?という疑問には、通常のガラスではなく素材にこだわった”クリスタルグラス”だという答えがわかりやすいでしょうか。

スワロフスキー社のこだわりというのは….、

スワロフスキー社のクリスタルグラスというのは、通常のガラスに酸化鉛を32%以上加えて透明度を増したものでフルレッドクリスタルと分類されるものになっています。

一般のクリスタルグラスより10%ほど鉛の含有量が多いところも特別です。

非常に透明度が高く、光を当てると光の反射具合にもよりますが、時には虹色に美しく輝きます。

その輝きは、無色透明で光沢があり、一見天然の(クリスタル)水晶とも見間違われることもあるほどです。

その秘密は、クリスタルグラスに含まれる鉛にあります。鉛のおかげで普通のガラスに比べて屈折率が高くなり、ダイヤモンドに見えるほどの輝きが作り出されます。

スワロフスキーは普通の”ガラス”ではなく”クリスタルガラス”というのが基本です。

ただのガラス?と思われがちですがスワロフスキーはただのガラスとは違うということがはっきり言い切れます。

最高の輝きのために計算された正確なカット

スワロフスキー社は1892年に初めてマシーンカットを開発しました。

絶えず技術開発をし続け、技術レベルが非常に高いものになっており、品質的にも世界的にも認められています。やはりその技術は企業秘密とされていますが!

スワロフスキー社のクリスタルグラスは特殊なカット加工を施すことにより、美しい輝きが作られました。

スワロフスキー社製以外の物は”スワロフスキー風ラインストーン”となってしまいます。

独自の製法による加工法やカッティング技術、そしてクリスタルガラスの製造技術を生かして、スワロフスキー社では、

ラインストーンをはじめ、ビーズ・ペンダントトップ・ボタンといったアクセサリー製品の製造など美しいクリスタルグラスが世界に広められています。

スワロフスキー以外のビーズガラスは?

 

上述しましたが、”スワロフスキー”というのがブランド名である時以上、スワロフスキー社以外の製品は正しくは「スワロフスキー風」と表記され、表現されなければなりません。

公式的に『スワロフスキー』と呼ぶことができるのは、”スワロフスキー社”の製品のみです。

一般的にビーズ等の装飾用のラインストーン=スワロフスキーと思っている方も多いようですが、それらはスワロフスキー風の『ラインストーン』ですね。

スワロフスキー社のものとの識別として、それ以外のものは”ラインストーン”と呼ばれます。

衣類やアクセサリーの装飾にも同様のガラスの玉が使われることがありますが、それらはスワロフスキー風にカットされた、
水晶、ガラス、アクリル樹脂でできたダイヤモンドに似た石ということになります。

スワロフスキーなのかスワロフスキー風なのか、注意してみると実はスワロフスキー風と表示のあるビーズも見受けられます。

一般的なラインストーンは、プラスチック製、ガラス製、アクリル製の物がほとんどですが、もちろんスワロフスキー社のものより安価で手に入りやすいですね。

スワロフスキーが高価な理由は?

これまでの説明でお分りいただけたでしょうか。

「やっぱりダイヤモンドではなくてただのガラスでしょ。」なんていう人はもういませんよね。

それなのにスワロフスキーが高い理由は?という疑問を持つ方も多いようですね。

スワロフスキー社のクリスタルグラスは、

特別な製法と特殊なカッティング方法で作られています。

そしてガラスの質も高い酸化鉛の含有率により、輝きもダイアモンドにも近いと言われる特別なものとなっています。

ダイヤモンドのような輝きを放つスワロフスキー、それでもやっぱりダイヤモンドではなくてガラスでしょ。それなのにスワロフスキーが高い理由は?という疑問を持つ方も多いようですね。

ガラスやアクリル素材から製造される簡単に作られ安価なラインストーンとはやはり別格のクオリティーだということです。

スワロフスキーのお手入れ法は?

お値段もそれなりに高いスワロフスキーのアイテム。

せっかく手に入れたなら長く美しい輝きを楽しみたいですね。

ダイヤモンドに比べると、やはり強度の面ではスワロフスキーグラスは劣ります

使っているだけでも傷が付いてしまうこともあれば、自然と皮脂が付着してしまい、輝きがなくなってしまいます。

またこすれて摩擦を起こすことで傷をつけたり、輝きを曇らせてしまうこともあります。

ちょっと輝きが鈍くなったかな?と感じた時は、クリスタル専用のマイクロファイバーでできたクリーニングクロスで優しくから拭きをしてください。

洗剤等の利用は細かい粒子がクリスタルグラスを傷つけてしまう恐れがあるのでNGです。

スワロフスキーの特徴まとめ

スワロフスキー社独自の製法と加工法によるカッティング技術、クリスタル・ガラスの製造技術を生かしたクリスタルガラス製品です。

具体的には、スワロフスキーのものは通常のガラスに酸化鉛を30%以上を加えて透明度を増した特別な製品です。

●プラスチック製のラインストーンよりはスワロフスキーの方がより熱に強く、より美しい輝きになる

●スワロフスキーの色にもよりますが、ダイヤモンドにも劣らない輝きと言われています。

通常のガラスと比べると、傷がつきにくく、耐久性がある。

ダイヤモンドと比べると安価だけど弱い

スワロフスキー製品オススメは?

 

このような特徴のあるスワロフスキーのクリスタルガラスの特徴を考慮しながら、ぜひお楽しみいただきたいクリスタルガラスのスワロフスキーの商品!数ある種類の中から日常使いで楽しめるオススメを紹介したいと思います。

私が思う一番のおすすめはボールペン、ネックレス、イヤリング、時計です。特別な日や記念日などのギフトとしても女性に大変喜ばれています。

また、近年動物やキャラクターモチーフの置き物などの家庭装飾品も様々なものが作られており、ギフトや引出物としても利用され人気があります。

男性用にも時計、カフスボタン、ペンダントなどのアイテムが販売されており、スターウォーズコレクションの置物も人気のようです。

関連記事

キラキラ輝くスワロフスキーのボールペンが女性へのプレゼントに大人気!!
スワロフスキーのボールペン女性へのプレゼントに人気な色とデザインは?名入れギフトも!

その理由は、日常生活で存分に楽しめるということと、そして日常使いの中で傷をつけにくい使用方法で遠慮なく使うことができるアイテムだということです。

ダイアモンドに比べて傷がついたり壊れやすいという特徴からも、特別な時のおめかしには問題ありませんが、日常使いとしてはよく使うものとして傷つきやすいアイテムだと知っておく必要がありますね。

指輪に関しては、料理やその他の家事をしている間は外しておくなどの配慮で、輝きを長持ちさせながら、傷や摩擦をなるべく避けてご利用いただけますね。

Swarovski JP 公式ホームページはこちら


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です