アーユルヴェーダとは?外見から診断できるドーシャの特徴を紹介

世界三大医学の一つとされる「アーユルヴェーダ」をご存知ですか。近年のヨガブームと共に、この言葉は聞いたことのある方も多いかもしれませんね。

人間が本来持っている自然のエネルギーのバランスが、心と体の健康に影響するという考え方で、個々のエネルギーを最大限に生かそうというのが「伝統医学アーユルヴェーダ」の考え方です。

難しそうに聞こえるかもしれませんが、本当はとってもシンプルなアーユルヴェーダ理論をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


世界三大医学の一つアーユルヴェーダ

 

アーユルヴェーダというのは、なかなか聞きなれない言葉かもしれませんが、”世界3大医学の一つ”です。

インド・スリランカで生まれれ、5000年以上の歴史を持つ世界最古の伝統医学とも言われています。

「アーユルヴェーダ」という名前の由来は、サンスクリット語の

Ayuh(生命・寿命)+Veda(科学・知識)

から来ています。

ということで、難しい学術というよりは、実践的な生活健康法として古くから受け継がれてきました。

 

西洋医学の考えは病気の症状を取り除く治療医学ではなく、

アーユルヴェーダはより健康に生きるため、また長寿や若さをキープすることを目的とする予防医学です。

主に、食事法(医食同源)や、日常の生活習慣を整えることから、生命そのものまでを科学として受け入れる医学です。その中でヨガや瞑想を日常に取り入れることを推奨しているので、今世界でブームとなっているヨガや瞑想とも深い関わりがあります。

スポンサードリンク

ドーシャの理解

アーユルヴェーダでは、自然界に存在するもの全ては自然のエネルギーから作られていると考えます。

もちろん私たち人間の体も同じで、エネルギーが組み合わさってできています。

そして、アーユルヴェーダがいうそのエネルギーのことを「ドーシャ」と呼びます

アーユルヴェーダの中でも重要なキーワードとなる「ドーシャ」をもう少し詳しく説明したいと思います。

アーユルヴェーダでは、エネルギーを3種類の「ドーシャ」に分類します。

 

「ピッタ」(火のエネルギーが優位)

「ヴァータ」(水と風のエネルギーが優位)

「カパ」(水と土のエネルギーが優位)

の3つからなる生命エネルギーのことをいいます。

そして、大切なのがどんな人の体質にも、この3つのドーシャすべてによって成り立っています。ただ、その3つのバランスが微妙に違うことから個性が生まれるというのがアーユルヴェーダの基本の考えです。

個々の人間には、それぞれ決まったベストのバランスがあり、健康状態にあるときの身体はこのドーシャのバランスが取れていますが、このバランスが崩れた時に体は不調を訴え、様々な病気を引き起こす結果となります。

アーユルヴェーダは、その個々のドーシャのバランスを保つための健康法ということもできます。

個々の体のバランスを整えることが、病気を予防し、健康維持の目的を果たすことになります。

また、病気を発症した場合も、一番に考えるのがバランスを取り戻すということです。

アーユルヴェーダの基本。3つの「体質」

私たちの体を構成するドーシャ(エネルギー)に「ヴァータ(風)・ピッタ(火)・カパ(水)」の3つの種類のエネルギーがあると理解いただけましたでしょうか。
繰り返しになりますが、人は、3つ全てのドーシャを持って生まれてきていますが、この3つのエネルギーは個々によりベストなバランスが決まっています。
そして、バランスが取れている状態を保つことがベストなのはもちろんですが、1日の時間帯、季節、年齢などが関わって体調の変化や、心身の状態に動きがあり、その時々において常にバランスを保つようにしなければなりません。
その3つのドーシャの中のバランスにより、ドーシャバランスが決まります。
ピッタの特徴を多く持っていれば、「ピッタ」体質(ピッタ優位の体質)ということになりますが、一つのドーシャが優位という人よりも、2つのドーシャがほぼ同等に優位な人が多いようです。
そして、自分の体質を理解した上で、食事や日常生活でバランスをとることがアーユルヴェーダの基本です。

外見からも判断できるドーシャの特徴

あなたは、どのドーシャのタイプでしょうか?
本来なら、きちんとしたアーユルヴェーダの医師が視診、触診、問診、聴診を行いながら判断していくものなのですが、概ねご自身のタイプを判断することは可能です。
こちらでは導入として、簡単に外見からのドーシャの特徴をお伝えしてみたいと思います。外見からだけでは確実な判断はできませんが、おおよそのご自身のドーシャを判断することはでき、あなたのドーシャが何に当たるか大体の予想は立てられると思います。
一つのドーシャエネルギーのみが優勢というかたは比較的少なく、多くの方は二つのドーシャエネルギーががほぼ同等に優勢となっている人が多いようです。

ヴァータ体質 

  • 空、風から成り立つ
  • おおむね痩せ型
  • 肌は乾燥気味
  • 顔の形は長細く
  • 目は小さめ
  • 歯並びはどちらかと言うと揃っていなくて
  • 唇は薄い

 

ピッタ体質

  • 色白でそばかすがある
  • 顔の形はハート型
  • 整った鼻
  • 目の色はやや薄め
  • 歯は少し黄みがかっています
  • ホクロが多めまたはできやすい
  • 中肉中背

 

カファ体質

  • 肌は脂性肌でしっとりしている
  • 髪の毛はしっかりとしていてウェーブがかかっている
  • 体型はがっしり型またはぽっちゃり型
  • 目が大きい
  • 色白

 

あなたはどのドーシャが優勢か診断できましたでしょうか。

こちらで紹介したのは、大体の体質を理解するためのものであり、本来ならば外見だけでなく体質や性格なども一緒に診断していきます。

もっと詳しくドーシャを診断したいという方のための、さらに詳しいドーシャ診断チェックリストはこちらです。

 

▼▼もっと詳しくドーシャを知ってアーユルヴェーダ的生活を始めたい方はまずチェック▼▼

アーユルヴェーダの体質診断で自分のドーシャをチェックしてみましょう!

 
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です