韓国ドラマ視聴におすすめの動画配信サービスを比較!料金や書籍読み放題サービスは?

韓国ドラマを動画の配信サービスで視聴したいけど、どのサービスを選べば良いのか迷ってしまうという方のために、それぞれのサービスの特徴やメリットからおすすめの動画配信サービスを紹介したいと思います。

韓国ドラマといえば、2002年に放送された「冬のソナタ」が流行ったのをきっかけに、日本でも人気のドラマジャンルとしてて爆発的に流行し、今ではすっかり定着した人気のドラマ・ジャンルですね。

今回は、韓国ドラマを視聴するのに、おすすめな動画配信サービスを6社を比較してランキング形式でご紹介していきます!動画配信サービスの選択のお役に立てれば嬉しいです。

では、U-NEXT、FOD、Hulu、auビデオパス、dTV、TSUTAYAの6社でそれぞれのポイントを比較していきますね。

韓国ドラマ動画配信数

各サービスを比較すると、配信中の韓国ドラマの動画数に大きな違いが見られます。

やはり、多くの作品を配信しているサービスでは、動画のジャンルのバランスも良くとれているというのが私の感想です。

韓国ドラマの配信数では、U-NEXTの400本が最高ですね。

動画配信サービス 韓国ドラマ・映画の数 見放題動画数
U-NEXT 400 120,000本〜
FOD 約110本 22,000本〜
Hulu 約140本 40,000本〜
au ビデオパス 約70本 約10,000本〜
dTV 360 1200,000本〜
TSUTAYA 約130本 86,000本〜

月額料金と無料お試し期間

以上が、各動画配信サービスの月額料金になります。

全てのサービスにおいて無料のお試し期間があるのも嬉しいですね。

月額料金の差はそこそこありますが、やはり料金とサービス(配信数や付帯サービス等)のつりあいは取れているものと私は感じています。

U-NEXT では毎月1200ポイント(1200円相当)が付与され、有料作品や、映画館でチケット購入に使えます。また、U-NEXTは4アカウントまで取得できるので、家族それぞれのアカウントで同時視聴が可能です。

●U-NEXT 1,990円(税抜)/一部個別課金/31日間の無料お試し期間あり

●FOD    888円(税抜)/一部個別課金/1か月の無料お試し期間

●Hulu    933円(税抜)/配信作品全て見放題2週間の無料お試し期間あり

●au ビデオパス    562円(税抜)/一部個別課金/30日間の無料お試し期間あり

●dTV    500円(税抜)/一部個別課金 /1か月の無料お試し期間あり

●TSUTAYA TV    933円(税抜)/一部個別課金 /30日間の無料お試し期間あり

その他付帯サービスについて

雑誌の読み放題サービスがあるのも、雑誌を月に数冊ある人にとっては嬉しいサービスですね。

オフライン再生ができるかどうかも、人によってはこだわりがあるようです。出先や移動中などWifiがない環境で動画の視聴を希望されるならオフライン再生サービスは大変便利です。

雑誌漫画の読み放題サービスも、雑誌や漫画がお好きな方にとっては嬉しいサービスですね。U-NEXTとFODどちらのサービスでも、雑誌だけでなく、漫画、小説などの書籍も課金制度で利用が可能です。

   サービス   雑誌の読み放題  オフラン再生      その他
U-NEXT ⚪︎70冊〜 ⚪︎ 4つの個別アカウント取得可
FOD ⚪︎100冊〜 x
Hulu x x
au ビデオパス x ⚪︎
dTV x ⚪︎  音楽コンテンツも配信
TSUTAYA TV x ⚪︎

各動画配信サービスの特徴をまとめてみると…

U-NEXTの特徴

U-NEXTまとめ

●配信動画数と配信ジャンルの多さが人気の秘密!

韓国ドラマの配信数が最多で、いち早く話題作や新作も配信される

マルチデバイス(4アカウントまで取得可能)で同時使用ができる

ダウンロード再生が可能で外出先でも動画が観れる。

●雑誌や漫画の読み放題サービスも付帯してくる。

毎月1200ポイントもらえ有料の作品(動画や漫画など)に使え、実質800円の月額料金となる。

>>U-NEXTの無料トライアルお申し込みはコチラから>>

FODの特徴

FODまとめ

●フジテレビが運営する動画配信サービスなのでフジテレビ系列のドラマ配信数が最多。

●韓国ドラマの配信数はやや少なめ。

月9ドラマや邦画作品のラインナップが多い

FODオリジナルドラマ作品の配信がある(人気!)。

日本のドラマを中心に見るけど、韓国ドラマもたまに見るという方におすすめ

オフライン再生はできない

毎月100ポイント自動的に付与される。加えて合計1200ポイントのログインポイントももらえる。

●第1話が無料で配信されている作品が多く、韓国ドラマのお試し試聴がし易い

>>FODプレミアムの無料トライアルはこちらから>>

 

Huluの特徴

Huluまとめ

海外ドラマというイメージが強い。

●韓国ドラマの配信数もなかなか良く、人気作品は多く揃えている。

配信中動画は全て見放題!(他のサービスとは違う点ですね!)

●日本のドラマの配信数は少なめ。

課金制度がないので、月額料金のみで見放題というのはHuluの一番の特徴です。安心して、配信されている動画を全て見放題で楽しめるのが嬉しいですね。

Hulu公式ホームページ<無料お試し>はこちら

auビデオパスの特徴

auビデオパスまとめ

●携帯電話でauと契約をしているお客様限定のサービス。

●韓国ドラマの配信数に関しては少ないが、「イタズラなkiss」「花より男子」など少女漫画のドラマ版作品のラインナップが⚪︎。

●動画のダウンロードが可能でオフライン再生対応。

>>auビデオパス公式ページはこちら>>

dTVの特徴

携帯電話で有名なNTTドコモが運営する動画配信サービスですが、ドコモをご利用でない方でもどなたでも加入可能なサービスです。

dTVまとめ

●韓国ドラマのラインナップ◎。

●月額料金の安さが売りです。

●動画の配信数が多い割に、マイナーなタイトルが多い。

●動画のダウンロードが可能でオフライン再生対応。

●動画の倍速再生ができる(dtvアプリでの再生でのみ可能)。

●音楽コンテンツの動画の配信数が多いのが売り。

月額500円という安さはとても魅力的なのですが、実際にコンテンツをのぞいて見ると、人気作品の動画数が少ないのが残念です。

HuluやU-NEXTに比べると、一般的に人気作品と言われるタイトル(特に映画やドラマ)の見放題作品が少ないです。

>>dTV公式ページはこちら>>

TSUTAYtvの特徴

TSUTAYA TVまとめ

●DVD化される人気作品が一通り揃っている。

●TSUTAYA tvで配信されていないタイトルも、TSUTAYA DISCUS(在宅レンタルサービス)なら配信されている場合がある。

●TSUTAYA DISCUSを利用すれば、多数の作品が視聴可能に!DVDの郵送サービスという手間がデメリット。

●動画のダウンロードが可能でオフライン再生対応。

TSUTAYA DISCASとTSUTAYA TVの両方のサービスを合わせた「動画見放題 & 定額レンタル8」というプランもあります(月額2417円/税抜き料金)。

大手レンタルビデオショップ TSUTAYA が運営しているだけあって、DVD やブルーレイ化している作品が動画として多く配信。

>>TSUTAYA TVの公式ページはこちら>>

韓国ドラマ視聴にオススメの動画配信サービス・まとめ

以上、各動画配信サービスを比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。

”韓国ドラマを見たい”という視点で、以上の結果をまとめてみたいと思います。

1位・・・U-NEXT

おすすめポイントは以下の通りです。

U-NEXTのおすすめポイント

●韓国ドラマのラインナップが最多でジャンルもバランスよく取り揃えられている。

●ダウンロード機能がありオフライン再生が可能。

●マルチデバイスで同時視聴可能(家族間でアカウントをシェアできる。)

月額料金だけを見ると、動画配信サービスの中でも高めなのですが、
毎月自動的に1200ポイントが還元されるということで、実質約800円で利用できることになります。

特に韓国ドラマファンの方にはU-NEXTが一番だと言えます。

特に、以下のような条件の方にはU-NEXTがおすすめです。

家族と一緒にアカウントを利用する方
(アカウントを分けられるので、家族それぞれでアカウントを設定できるのもメリットです。)

●韓国ドラマが大好きという方

●外出先でもオフライン再生で動画視聴を希望する方

子供向けの作品も多数配信されているので、お子さん用のアカウントも年齢制限付きで個別で作成できる、というのは主婦の方には嬉しいポイントではないでしょうか。

>>先ずはU-NEXTの無料トライアルお試しください>>

2位・・・FOD

U-NEXTに比べると韓国ドラマの動画配信数は劣りますが、日本のドラマも好きで”全般的にドラマ好き”という方にはFODもおすすめです。

同時再生が不可で、アカウントをシェアすることができないのが残念なポイントではありますが、動画配信サービスへのこだわりも人それぞれだと思います。

こんな方にはFODもおすすめです。

●自宅での視聴が主でオフライン再生は必要ない。

●一つのアカウントで十分(自分のみ利用)。

●FODの韓国ドラマの動画ラインナップで十分。

●日本のドラマも大好き。

他、4サービスにおいては順位をつけることができませんでしたが、それは以下の理由からです。

  • Hulu…日本の作品や韓国ドラマ作品の配信数が少ない。
  • d TV…正直、見たい作品がたくさん見当たらないのが残念。
  • TSUTAYA …付帯サービスがないのと、韓国ドラマのラインナップが少ない。
  • au…auの携帯電話契約者限定サービス。

人によっては、違う観点をお持ちのことと思いますので、その点どうぞご理解くださいませ。

それぞれ各社サービスにおいて、様々な特徴があり、それぞれのメリット、デメリットがありますが、個々のこだわりやライフスタイルの中で、一番のサービスをお選びできるといいですね。

本ページの動画配信サイトの情報は、2018年6月(ページ作成時)のものになります。

最新の情報については公式サイトにてご確認ください。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です