韓国女性の美肌の秘訣は食べ物と食習慣にあった!

韓国には「食べ物は薬である」という言葉があるのをご存知ですか。

毎日の食事こそが体には重要という考え方です。

韓国料理は、「薬食同源」、「医食同源」の考え方を基本にし、古くから韓国の食文化の中に深く根付いています。

今回は、からだに優しく美容にも良いとされる韓国料理の考え方についてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク


医食同源、薬食同源とは?

医食同源(いしょくどうげん)とは、漢字からも理解することができるように、昔は薬食同源(やくしょくどうげん)ともいわれ、毎日の食事で口にするものこそが健康を保つための何よりの薬だという意味です。

体調を崩してから薬で解決するのではなく、普段からカラダに良いものを撮るという予防医学の考えですね。

▼▼医食同源をコンセプトにした韓国の高級化粧品「雪花秀(ソルファス)」情報はこちら▼▼

雪花秀ソルファスのおすすめ商品5選とその効果は?

体に合わせて料理する

王朝の最上位の食は、王の体調に合わせて食材を選び、料理を作っていたのだそうです。

そこにも「医食同源」の考え方が古くから根付いていたことがわかりますね。

「医と食とは根本的に同一、つまり食べ物は常に薬である」という意味で、国王のための料理人も常にその考えで王のために料理をしていたということですね。

イ・ヨンエさん主演の長編韓国ドラマ『チャングムの誓い』の中でも、韓国の「医食同源」の考えの大切さが表されています。

また、「医食同源」の食事とというのは、簡単に言えば「バランスのとれたおいしい食事」のことで、栄養のバランス、そして陰陽のバランスの両方をとるということを重視します。

韓国では野菜をタップリとる

美肌を目指し、女性はスキンケアにこだわるということで知られる韓国ですが、韓国の人たちにとって、健康にも美容にも、毎日の食事が大切だという考え方が浸透しています。

韓国では、肉類、魚介類と一緒にに野菜をたっぷりと摂取しますが、野菜の摂取量がとても多く、

1人当たりの年間野菜供給量は187.6キロ!なんと世界第一位なのだそうです。

スポンサードリンク

韓国でもオーガニック人気

また、近年韓国の女性の間はオーガニックに注目が集まっているのだそう。

雑誌の特集や、テレビの健康番組等でも、オーガニックについて取り上げられることが増え、オーガニックの良さが伝えられ、野菜はもちろんのことお米やお菓子なども、口に入れるものすべてオーガニックが人気となりました。

オーガニックのものは高価なのはどこの国でも同じで、韓国でも価格は通常のものの3~4倍という価格帯が普通なのですが、特に幼い子供を持つお母さんたちはオーガニックにこだわる人が増え、多くの方々にオーガニックが支持されています。

韓国料理で欠かせない健康食

韓国料理といえば、思い浮かぶのが、野菜中心のナムルやキムチなどをテーブルいっぱいに並べ、メインの料理と一緒に、一回の食事に多数の食材をいただくというものですね。

そこにも、栄養のバランスが考慮された食文化がしっかりと根付いているのが表れています。

健康も美肌も「食」からと言われると、韓国には、医食同源の考えから普段の食事に通じる伝統食がたくさんあります。

以下に、韓国で欠かせない健康食を紹介していきたいと思います。

キムチ

韓国=キムチというイメージ通り、その代表格が発酵食品のキムチですね。

新陳代謝を高め、細胞を活性化させる働きがある韓国の代表的な健康食です。

ところで、世界5大の健康食品をご存知ですか。

韓国=キムチ(マルチ栄養素)

日本=大豆

インド=レンズ豆

スペイン=オリーブ油

ギリシャ=ヨーグルト

と言われているのだそうです。

 

参鶏湯(サムゲタン)

「参鶏湯」を簡単に説明すると、若鶏の鶏肉を丸々一羽、その中にもち米を詰めて煮込んだ薬膳スープ。薬膳の具材も豊富に使用し、栄養価が大変高いと言われています。

韓国では、「参鶏湯」は夏至の頃に食べる伝統食なのだそうです。

一般的に「タン(湯)」と呼ばれる韓国のスープは「食べる美容液」「食べる薬」、とも言われ、スープに使われた食材からでた美容に有効な成分がたっぷり含まれているので、最後の一滴までも残さずいただくのだそう。

「タン(湯)」も韓国の食文化の特徴の一つで、韓国人は焼肉などでお肉を毎日食べているようなイメージが強いですが、実際には、野菜たっぷりで体に優しい、スープ料理もバラエティが豊富で、家庭でもよく作られています。

「参鶏湯」以外にも美肌のためには、牛テールとすね肉、腸などの部分を長時間煮込んだ「コムタン」や、牛の内臓や骨や頭などのバラ肉を長時間煮込んだ「ソルロンタン」も美容に良いスープだと言われています。

 

おかゆ

お粥は水分を多く含み、少量でお腹が満たされ、そして消化に良い食事です。その中で具材をバランスよく使えば、完全な栄養食となります。

日本ではおかゆは病気の時の食事という考えが強いかと思いますが、韓国ではおかゆを日常的に食べる食習慣があります。

特に過食気味の現代人である私たちにとって、朝のお粥は正に薬膳としていただくことができます。

生活習慣病や肥満防止、美容、滋養にも良いとされ、韓国では学生にもサラリーマンにも特に朝食として人気で、ブームとなっているほどなのだそう。

 

▼▼医食同源をコンセプトにした韓国の高級化粧品「雪花秀(ソルファス)」情報はこちら▼▼

雪花秀ソルファスのおすすめ商品5選とその効果は?

まとめ

コスメやスキンケアで美しさを追求する韓国女子たちですが、外からのケアだけでなく、食べ物も同じくらい大切だという、食に対する考え方が徹底して浸透しているところが、日本とは違うようですね。

韓国女子をお手本に、キムチを始め、スープ料理やおかゆ料理にも目を向け、バランスのとれた食事でカラダの内側からもキレイを目指したいですね。


スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です