透明ドリンクの作り方は?カロリーやコーヒー味がする理由も!

最近流行っている透明なドリンク。なぜ透明なのにコーヒー、紅茶、カルピスなどの味がするの!?どうやって作っているんだろう ?という疑問を持ったことはありませんか。カロリーはどうなんでしょうか!

今回は透明ドリンクの作り方や透明なのに味がするのはなぜ?という疑問を解決しながら、気になるカロリーについても調査してみました。

スポンサードリンク


透明ドリンク、どんなイメージ?

透明ドリンクは、一見水に見えるということで、健康的に見えるというイメージが強いようです。それが購入理由にもなっているようで、各社透明ドリンクの売れ行きは好調のようですね。
そのほかの購入理由としては、「さっぱりしている」、「味の薄さがちょうど良い」などがあるようです。

イメージ通り、透明ドリンクは健康的?

健康的なイメージを持って、購入される方が多い透明ドリンク各種ですが、実際には色付きの元来の商品と比べても健康的なのでしょうか。
その疑問を検証した結果、味付きの透明ドリンクは、元来のものと比べてみると、10~20ほどカロリーが低いようです。
イメージ通りカロリーが低めで元来の物より健康的だとわかり安心できますね。だから、味がさっぱりしているというのも、感覚だけでなく事実なのでしょうね。
カロリーが低い=健康的だとは一概には言えませんが、気になるカロリーの部分については納得できますね。
イメージだけでなく、実際に飲んでも低カロリーのさっぱりとした味わいの透明ドリンクはこれからも大注目となりそうですね。
透明ドリンクって体に良いの?という疑問はこちらの記事で詳しく検証しています。
関連記事
 
スポンサードリンク

透明ドリンクの製造工程は?

ミルクティーやオレンジ味、コーヒー味に至るまで様々な透明ドリンクが出回っていますが、その作り方や製造方法を多くの方が疑問に思っているのではないでしょうか。

透明ドリンクはどのように作っているのか、透明レモンティーの製造工程をテレビ初公開されていました。

例えば、紅茶味のドリンクの作り方は、水の上に茶葉があり、加熱。香りの移った水蒸気が冷やされ液体にして製造するという方法で作られているのだそうです。

透明ドリンクの火付け役はいろはす!

透明ドリンクブームの火付け役となったのは、サントリーの味付き天然水シリーズでしたね。2009年5月に発売開始されました。

“おいしい”と”環境にいい”と歌われるナチュラルミネラルウォーターです。商品名の由来は、物事の始まりという意味のある「いろは」と、健康維持とそれにこだわるライフスタイルを意味する言葉「LOHAS」(ロハス)を合わせたものだそうです。

日本産の天然水に山梨産もものエキスを加えた大人気のもも味をはじめ、いろはすシリーズは、みかん、なし味、りんご味等、約9種類の味付き透明ドリンクを販売中です。

いろはすシリーズからも、どんどん新しい味が発売されいつも話題をさらっていますね!

海外でも透明ドリンクが流行っている?

現在はイギリス・アメリカ・スロバキアで販売されている透明ブラックコーヒーです。その人気も現地で品薄になる程なのだとか。

こちらの透明コーヒーを作った方によると、「コーヒーを飲むと歯が黄ばんでしまうのが嫌だった。」という思いが開発のきっかけとなったそうです。

確かにその通りですね!これも透明ドリンクを選ぶれっきとした理由になりますね。日本上陸を楽しみに待ちたいと思います。

各種透明ドリンクを紹介

ついに9月26日、新たに「サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA ミルク」が発売されるのだとか。

レモンティーはすっきりした味だから、透明になってもさほど違和感はありませんが、まさかの濃厚なミルクティーまで透明になってしまうというニュースに、ネットなどでも大きな話題となっています。

本当に無色透明な液体から、ミルクティーの濃厚な香りと味が楽しめるのか、今から楽しみですね。

アサヒ おいしい水プラス 『カルピス』の乳酸菌

乳白色のはずのカルピスが透明になった不思議なドリンク。

成分はカルピスと同じく乳酸菌配合。カルピスのまったり感が抜けた感じのすっきりとした甘酸っぱい飲みやすい天然水透明ドリンクです。

天然水は、ほかのアサヒブランドのもの同様「富士山のバナジウム天然水」を使用。

本商品は2016年に発売された商品をさらに改良したもので、従来のものよりも飲みやすくなっています。

サントリー「ヨーグリーナ&アサヒ天然水」

こちらも乳白色のはずのドリンクが透明に変身した『サントリー・ヨーグリーナ&アサヒ天然水』!ヨーグルト風味は人気が高く、商品もコンビニやスーパーで定着していますね。

一般的な乳酸飲料は、牛乳や脱脂乳に乳酸菌を入れて発酵させているものが多いため、白っぽい色が普通なのですが、ヨーグリーナは、乳由来のホエイ(ホエイというのは、乳清とも呼ばれ乳由来の透明原料です。わかりやすく言えばヨーグルトのうわずみ液がホエイの例です。)を使用して作られています。ホエイを乳酸菌で発酵させて使用することで、透明なのにヨーグルトのコクも出せるのですね。

*透明ですが、乳成分は含まれているため、乳製品にアレルギーのある方は乳製品と同じ扱いが必要です。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です