イギリス王室メーガン妃の結婚式のドレスや指輪は?キャサリン妃と比較!

元アメリカの女優であったメーガン・マークルとハリー王子は5月19日土曜日にウィンザー城にあるSt.George’s Chapelと言う教会で結婚されました!結婚式が王室行事であった事ことから、注目されるのはキャサリン妃の結婚式とのちがいではないでしょうか。今回は、メーガン・マークルとハリー王子の結婚式と、2011年に行われたキャサリン 妃とウィリアム王子の結婚式の比較をしてみました。

では、二つの盛大なるイギリス王室の結婚式の違いを紹介したいと思います!

スポンサードリンク


ウェディングドレス

キャサリン妃のウェディングドレス

 

Getty Image

キャサリン妃が着用されたウェディングドレスはセラ・バートンさんが(Sarah Burton)デザインしたビクトリアンスタイルのドレスです。総額は$434,000(約4千832万円)と推測されています。

メーガンのウェディングドレス

Getty

メーガンが選んだのは、ブランドジバンシーのドレスで、イギリス人のデザイナー、クレア・ウェイト・ケラー(Clare Waight Keller)がデザインしたものです。

二人のウェディングドレスが長袖であることは同じですね。メーガンのドレスはキャサリン妃のドレスに比べ、飾り付けが少なく、キャサリン妃が着ていたようなアイコニックなV-ネックドレスではないですね。

ベール

キャサリン妃のベール

Getty Image

キャサリン妃のベールは、針 物専門のロイヤルスクールに作ってもらったもので、ベールの端には綺麗なお花の刺繍があります。

メーガンのベール

Getty Image

メーガンが選んだのはキャサリン妃とは違い、とてつもなく長いベールです。彼女のベールの長さは約5メートル程だったみたいです。彼女のベールの端には、53カ国の連邦となる花が刺繍されています。

スポンサードリンク

結婚指輪

キャサリン妃の結婚指輪

Getty Image

ウィリアム王子がキャサリン妃へのプロポーズに使った指輪は彼の母親のサファイアの指輪です。

メーガンの結婚指輪

Getty Image

ウィリアム王子がプロポーズに使ったのは、ゴールドの輪っかとダイアナ姫のコレクションであったダイアモンド二つを使ったカスタムリングです。ダイアモンドは二人が出会ったボツワナからの物で、ゴールドの輪っか部分はウェルダンの金で出来ています。

ウィリアム王子とは違い、ハリー王子は結婚式に指輪をはめて参加されました。

ティアラ

Getty Image

キャサリン妃のティアラとメーガンのティアラ

二人が着用されているティアラは両方ともエリザベス王女からの借り物のようです。

ブーケ

Getty Image

キャサリン妃のブーケ(写真左)

キャサリン妃が持ち歩いていた真っ白なブーケに使われたのは:

⚪スズラン
⚪甘いウィリアム
⚪ヒヤシンス
⚪ツタ
⚪マートルの飾り

昔からの王室の伝統としてヴィクトリア女王の結婚式から使われてきた花のブーケです。

メーガンのブーケ(写真右)

ハリー王子自身が拾ったお花が少し混ざったブーケです。

メーガンのブーケに含まれたお花:

⚪忘れな草
⚪麝香豌豆(スイートピー)
⚪スズラン
アステイルベ
⚪ジャスミン
⚪アストランティア
⚪マートルの飾り

スポンサードリンク

会場

キャサリン妃の結婚式が行われた協会

Getty Image

キャサリン妃とウィリアム王子の結婚式はロンドンにあるウェストミンスター寺院にて1900人のゲストの前で行われました。

メーガンの結婚式が行われた会場

Getty Image

ハリー王子とメーガンの結婚式は、ウィンザー城にある聖ジョージ教会にて800人のゲストの前で行われました。会場が小さかったため、キャサリン妃に比べたらゲストの数が少なめだったみたいです。

ファーストキス

Getty image

キャサリン妃とウィリアム王子のキス

キャサリン妃とウィリアム王子は、バッキンガム宮殿のバルコニーにて大きな賑わいの中でロマンティックなキスをされました。ブライズメイトの子供が二人のキスの途中に気難しい顔をしたことで、多くの賑わいの目はその子に行ってしまったようです。

ハリー王子とメーガンのキス

ラッキーなことに、二人の前にはキスの邪魔をする子供がいなかったため、彼らのロマンティックなシーンは子供に盗まれませんでした。

ケーキ

キャサリン妃のケーキ

Getty Image

ウィリアム王子とキャサリン妃の伝統的なフルーツケーキは、なんと8層のレイヤーケーキでした。

メーガンのケーキ

Getty Image

ハリー王子とメーガンはロンドンにあるバイオレットベイカリーのレモンとエルダーフラワーのケーキです。デコレーションは、スイスのメレンゲの霜付けとフレッシュなお花です。シンプルな中にこだわりがしっかり潜んでいるのですね。

キャサリン妃とウィリアム王子の伝統的な8層ケーキとは違い、三つを別々に積んだ階層化されていないケーキを選ばれました。

レセプションドレス

Getty Image

キャサリン妃のレセプションドレス

キャサリン妃はリセプションパーティーで二つ目のウェディングドレスに着替えました。(アレクサンダー・マックイーンデザインデザイン)ドレスは白のサテン生地で出来たもので、白いモコモコのカーディガンを着用されています。

メーガンのレセプションドレス

メーガンは、二つ目のウェディングドレスを着用ました。二つ目のウェディングドレスはステラ・マッカートニーがデザインしたもので、メーガンの肩が綺麗に出るデザインとなっています。

まとめ

2011年に開催されたキャサリン妃の結婚式とメーガンの結婚式を比較してみたところ、いろいろと違いが見えてきました。儀式の行い方、伝統、お二人の女性が選ぶファッションにおいても違いを発見し楽しむことができますね。イギリス王室に新しく入られたメイガン妃、どうぞお幸せに。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です