国内格安航空券が安い時期とタイミングは出発の何日前?何曜日?比較検索サイトも紹介!

少しでも安く購入したい航空券ですが、格安で手に入れるために覚えておくとお得な情報をお伝えしたいと思います。

国内航空券を格安で購入する良いタイミングとは?出発から何日くらいに最安値で購入することができるの?航空券が安くなる決まった曜日はあるの?

などの疑問にお答えし、国内航空券を格安で購入する方法をまとめてみました。

→→航空券の比較・検索なら『ソラハピ』!

航空券の料金の変動が起こる要因は?

近年ではLCCと呼ばれる格安航空会社が全国各地から利用することができるようになりましたね。

その中からもっとも安い航空券を探したいと、誰もが思うのも当たり前ですね。

さて、航空チケットの価格に変動があるのも、皆さんご存知のことと思いますが、どのように価格変動が起こるのでしょうか。

航空チケットの値段は、各航空会社だけで決定されるのではなく、予約・購入する時期によっても大きく血がてきます。

ですから、もっともお得に、できれば最安値を狙って航空券が予約できるタイミングを知っておくことでチケットの購入代金をなるべく低く抑えることができます。

航空券が一番高い時期とおすすめ購入時期は?

航空券の料金が高くなるのは、需要が高まる時期と一致します。

年末年始、春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、お盆、シルバーウィーク、冬休みが旅行のオンシーズンは必ずと言って良いほど、航空券の料金が上がります。

この時期はもともと料金が高く設定され、料金の変動も少ない傾向にあります。

その逆でオフシーズンとなるのは、2月と6月ですので、タイミングが良ければ最安値の航空券を狙うことができます。

この時期の利用に関しては、ゆとりを持って料金の変動を見ることができそうです。(それでも2週間前には確約されることをお勧めします。)

また、当日、前日の航空券購入は最高値になる可能性が大ですので、急なスケジュールでない限りは、ギリギリの航空券の購入は避けるべきでしょう。

出発直前の”売り切りの航空券”が最安値をマークすることも稀にありますが、なかなか巡り会えないチケットとなりますし、ご存知の通り、人気路線では当日に空席があるという保証もありませんので、電車のように当日券で乗れるという確約がありません。

また、航空会社が急な予定でチケット購入を急ぐ方の駆け込み需要を期待し航空券の料金を値上げし始めるので、出発2週間前から値上がり傾向となります。

→→『ソラハピ』で航空券の比較・検索してみる!

 

航空券の料金変動が起きるのはいつ?

航空券の料金の変動は、その便の席数の残数により大きく変わってきます。

上述しました通り、オンシーズンは需要が高く、残席数が少ないので料金変動が少なくなります。

そして、残席数が多いオフシーズンの便の料金は低くなるということは察しがつきますね。

その料金変動が起こり始めるのが、出発日の2ヶ月ほど前からです。

場合によっては2ヶ月前に購入すれば出発直前の購入価格と比較して7割引、という低料金での購入も可能です。

また、元々設定している料金が低く割引率が低いと言われるい格安航空会社(LCC)でも、3割ほどは安くなるケースが多くあります

ということで、出発日が大体決まっている場合であれば、出発前二ヶ月のところで、早めに航空券の料金を調べてみましょう。

割引率が高いのはいつ?

多くの航空会社から、最大約8割引きで販売されるのが最安値となり、出発日から75日前までの間に購入できる航空券となります。

75日というと二ヶ月半という長い期間の前でワンシーズン前という時期になりますね。

この時期に旅行の予定がすでに立っているという方がまだ少ないことからも、この時期に航空券を購入しようとする方が少ないということからも”早割”という割引チケットになります。

この段階でどれだけチケットの残席が残るかというのも、チケット料金の変動に関係してきます。

早く、予定が立てられるご旅行の場合は、出発二ヶ月半までの早割チケットが一番お得です。

→→航空券の比較・検索なら『ソラハピ』!

ベストなタイミングは出発何週間前の購入?

大手航空会社の飛行機を使う場合は、出発予定日の20週間前(5ヶ月前)〜12週間前(3か月前)が”早割”を狙うベストな時期となります。

その時期をのがしたら、出発の2ヶ月前のチケット価格が変動し始める頃にチェック。

遅くとも、出発の2週間前までには決断しましょう。

出発2週間前から出発当日までは、ほぼ料金が下がることはないと言えます。

以下が、その例となる航空券の価格変動を表すグラフです。

出典:スカイスキャナー

LCC(格安航空会社)の場合

LCC(格安航空会社)の航空券の変動もほぼ同様ですが、やはり出発の2週間前までの低料金での変動時期を目安にしながら、10日前くらいまで低料金の場合もありますので注意して変動をチェックしてみましょう。

LCCの航空券の場合は、上述しました大手のベストタイミング(出発予定日の5〜3週間前)に比べ、少し遅めの6週間前(1ヶ月半前)がベストなタイミングだと言われています。

航空券を購入するのは何曜日がベスト?

旅行の計画を立てられるのが時間に余裕が持てる週末になるという方が多いのではないでしょうか。

しかし、航空券の料金変動を綿密に調べている方によると、土日に航空券を予約することは避けるべきのようです。

土日に検索した航空券料金は約7%程度値上がり傾向にあるのだとか。

というのも、やはり予約数が増える=需要の高まり、安く設定された航空券がすぐ売り切れてしまうため、残りの航空券の料金が変動しあがって言ってしまうのです。

多くの航空会社は月曜日に新しい航空券を販売し始め、週の真ん中に向け火曜日にセール情報を公開することが多い傾向にあります。

そして水曜日に航空券の料金が最も下がり、予約のベストタイミングとなります。

 

まとめ

●格安航空会社(LCC)の航空券の最安値を狙えるのは出発予定日の6週間前〜2週間(または10日)前まで

●大手航空会社の航空券の最安値を狙えるのは出発予定日の5ヶ月前〜2週間前まで

●オフシーズンであれば航空券価格の変動が始まる出発前2ヶ月〜2週間前までが狙い目

●水曜日が航空券が最安値になる傾向がある。

→→航空券の比較・検索なら『ソラハピ』!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です