坂本花織アメリの振り付けと衣装は?フランス人振付師についても!

平昌オリンピック2018に出場が決まった注目の坂本花織選手。坂本選手がFSプログラムで使われている曲と衣装が可愛いと評判ですね。

今回は、坂本香織さんの衣装と曲、そして振付師についてをまとめて紹介したいと思います。

スポンサードリンク


坂本香織 プロフィール

名前:坂本花織(さかもと かおり)

生年月日:2000年4月9日

出身地:兵庫県神戸市

血液型:B型

身長:158cm

所属クラブ:シスメックス

趣味:お菓子づくり(ガトーショコラが得意)

憧れの選手:鈴木明子

ライバル:三原舞依

スポンサードリンク

坂本香織選手のフィギュアスケート経歴

坂本香織さんは、4歳の頃にスケートを始めました。

フィギュアスケートに興味を持ったきっかけというのが、連続テレビ小説『てるてる坊主』で主人公の姉がフィギュアスケート選手だったことから興味を持ったということなのだそう。

ご本人が興味を持って始めたということで、やはり努力を積み重ねて来られたのでしょう。

緊張や焦りを見せないのびのびとした滑りで観客を楽しませてくれる坂本花織選手。

「心も体も年末年始で休めた。今はもう戦闘モード、今年も勢いのあるいい一年になるように頑張ります」

と1月6日に行われた名古屋フィギュアスケートフェスティバルで、このようにコメントされていました。

平昌オリンピックでの美しい滑りを見るのがとても楽しみですね。

坂本花織選手は、ジャンプを得意としていますね。

アクセル以外の5種類のトリプルジャンプを跳ぶことができ、幅・高さ・着氷後が美しく流れに乗ることができるダイナミックなジャンプが特徴です。それらのジャンプで、多くの加点を狙うことができる実力を持っています。

平昌オリンピックの代表選考がかかっていた全日本選手権ではSPで自己ベストとなる73.59をマークFSでもノーミスで演技を終えました。

結果は総合2位ということで、平昌オリンピック代表を勝ち取りました。

坂本花織選手の主な戦績は以下の通りです。

着々と世界レベルに近づいているのがわかりますね。

  • 2012年全日本ジュニア選手権9位
  • 2013年JGPチェコスケート6位
  • 2015年アジアフィギュア選手権3位
  • 2015年全日本選手権13位
  • 2015年全国中学校スケート大会2位、世界ジュニア選手権6位
  • 2016年8月フランスISUジュニアグランプリ2位
  • 2016年フィギュアスケートGPシリーズ日本大会優勝
  • 2017年ISUグランプリシーズロステレコム杯2位 全日本選手権2位
  • 平昌オリンピック代表に選出
  • 2018年四大陸選手権初優勝

坂本香織選手のフリースタイルの曲と衣装は?

坂本花織選手は、ジャンプを得意とし2017-2018シーズンのショートプログラムは、基礎点にが1.1倍となる後半部分に3本のジャンプを持ってきています。

また、フリースタイルでもジャンプの7本中5本を後半に飛ぶという難易度の高いプログラム構成に取り組んでいます。

これらは、高得点を狙うためのプログラム作りということですね。

特に坂本香織さんのフリースタイルでのフランス映画『アメリ』の曲を使用した演技のユニークな振り付けと真っ赤な衣装にも話題が集まっているようです。

映画のサウンドトラックを使用するということで、その振り付けはストーリー性もあり、現役高校生の可愛らしさも見せてくれます。

衣装も、映画『アメリ』でアメリの着ている鮮やかな赤のカーディガンをフィギュアスケート用の衣装に作り変えられたものなの。

とてもよく似合っていて可愛いと思います。

A post shared by miya (@miyayuzu33043) on

坂本香織選手の振付師はフランス人

今回、坂本香織選手のプログラムの振付けを担当したのはフランス人の振付師ブノワ・リショーさん

Image result for Benoît Richaud

フランス人の振付師さんということで、フランス映画『アメリ』の世界観をフィギュアスケートの振り付けに挑戦するには最適ですね。

イケメン振付師とも噂されるブノワ・リショーさんは、以前はアイスダンスの選手として活躍されていたことがあります。

21歳の時に現役から退き、衣装や音楽に関する仕事を経験したのちに、振付師となりました。

今シーズンから、日本人の振付けを担当し始めたてブノワ・リショーさんの振付けは、美しいけれど難易度が高いとも言われています。

そんな振り付けを器用に踊りこなす坂本香織選手のセンスも技術も期待が高まりますね。

「かっちりと決めこまずに動きの中に”余白”を持たせることで、フィギュアスケートをより現代的な方向へプッシュしていける」

という考えでブノワ・リショーさんは振り付けを考案されています。

『アメリ』を見たことがある人にはわかる印象深いアメリの独特な世界観。

それをパントマイムを交えた振り付けで、アメリの可愛らしさと感性の豊かなところをのびのびと表現している姿は必見です!

坂本香織選手のアメリを見たら、映画『アメリ』が見たくなったという声も多いようですよ。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です