バラの色別花言葉は?贈る際にNGな色や組み合わせは?

花束のプレゼントといえば、定番のバラ。バラの花束をもらって嬉しくない女性はこの世にいないのではないでしょうか。実はバラには色ごとに様々な花言葉があるという、奥のふか〜いお花なのです。そんなバラをせっかくプレゼントするなら、バラの花言葉ににもこだわってみませんか。今回は、バラの色別花言葉を紹介していきたいと思います。あなたの気持ちを伝える最高のバラの贈り物をするための手助けになれれば幸いです。

スポンサードリンク


バラの一般的な花言葉

バラの花言葉にはバラ全般に使われている花言葉と、色によって様々な花言葉とがあります。

まずは、バラ全般の花言葉から紹介していきたいと思います。

バラの一般的な花言葉は、

「愛」「美」

まさに、バラは愛する女性に贈るにはぴったりのお花だということがわかりますね。

スポンサードリンク

バラの花言葉を色別に紹介!

では、さらに一つづつ色別でバラの花言葉を見ていきましょう。新しい発見がありそうでね。

あなたの心情を表すバラの色を探して見てくださいね。

「愛」と「美」が基本の花言葉ではありますが、色選びによっては闘争や恨みなどマイナスな意味を表すものもあるので、どうぞご注意ください。

赤色のバラ=「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」「美貌」

真っ赤なバラは常に人気が高く、女性へのプレゼントだけでなく還暦のお祝いにも喜ばれます。赤いバラは愛や情熱を表しますが、赤バラのつぼみは「純潔・純粋な愛・あなたに尽くします」となります。

また、赤色が濃くなると以下のように花言葉が変わります。

濃紅色のバラ=「内気」「恥ずかしさ」

ピンク色のバラ=「上品」「おしとやか」「感銘」「可愛い人」「美しい少女」「温かい心」
「愛の誓い」

ピンク色のバラは優しさを感じますね。派手な赤色のバラに比べ意味も柔らかになります。

白色のバラ=「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」「純潔」「清純」

白いつぼみのバラになると、「恋をするには若すぎる・処女の心」という意味になります。

黄色のバラ=「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」「平和」「不貞」愛の告白」

プレゼントする際に、少々注意が必要なのが黄色のバラです。

黄色いバラ=お別れというイメージを持つ女性も多く、実際に花言葉も別れをイメージさせますね。こちらはつぼみにもやはり”別れ”の意味があり、「笑って別れましょう」という花言葉があるので女性へのプレゼントとしては、ご注意くださいね。

逆に、黄色いバラがよく使われるのは父の日のプレゼントです。もともとはアメリカで父の日にバラを贈る習慣が生まれ、日本ではベストファーザー賞の「イエローリボン」から連想され、希望と幸せを象徴する意味で父の日の黄色いバラが定着しつつあります。

オレンジ色のバラ=「無邪気」「健やか」「魅惑」「絆」「信頼」

オレンジ色のバラは恋愛というよりも、友情や励ましの意味があります。「健やか」という意味もあるので、お見舞いとしても元気が出そうな色で喜ばれそうですね。

青色のバラ=「夢がかなう」「神の祝福」「不可能」「奇跡」

珍しい青いバラですが、もともとバラの花は青の色素を持ちません。そのため青のバラの品種を生み出すことが世界中のバラ愛好家の夢でもあったことから、青いバラには「不可能」という合言葉がつけられました。

2004年にサントリーが世界初の青いバラの開発に成功し、ブルーローズには「夢かなう」という花言葉が新たに加わりました。

受験や夢への応援をする意味でブルーローズは使えそうですね。

緑色のバラ=「穏やか」「希望を持ち得る」

緑色も珍しい品種になります。スポーツや芸術で試合やコンクール出場の際に、「希望を持ち続けて。応援しています。」意味で送るのも良さそうですね。

 

さらに、珍しい色のバラの花言葉をいかに紹介したいと思います。珍しく品種のバラにはマイナスな意味があるのが特徴のようですね。

紫色のバラ=「誇り」「気品」「尊敬」

緋色のバラ=「灼熱の恋」

紅色のバラ=「死ぬほど恋焦がれています」

黒赤色のバラ=「死ぬまで憎みます」「憎悪」「恨み」「化けて出ますよ」

黒色のバラ=「貴方はあくまで私のもの」「憎しみ、恨み」「決して滅びることのない愛、永遠の愛」

虹色のバラ=「無限の可能性」

絞り模様のバラ=「満足」

ドット柄のバラ=「君を忘れない」

赤に白班のバラ=「戦争」「争い」

色の組み合わせ別花言葉を紹介

バラのブーケをプレゼントする際には、色を組み合わせてみるのもおしゃれですね。バラを2色づかいで組み合わせると、こんな風に意味が変わります。面白いですね。

・赤いバラの中に白いバラ
「打ち解けて仲が良い」「温かい心」

・黄色のバラの中に赤いバラ
「あなたがどんな不実でも」

・バラのつぼみ3本と開花したバラ1本
「あのことは永遠に秘密」

・バラのつぼみ1本と開花したバラ2本
「あのことは当分の間秘密」

バラの部位別花言葉

バラの花もつぼみになると花言葉がまったく違うものになるということは、各色の花言葉のところで紹介させていただきましたね。

バラにはその他の部位にも花言葉があるのが面白いので、以下に紹介させていただきます。

・バラのトゲ
「不幸中の幸い」

・多輪咲のバラ
「プライド」

・一重のバラ
「静かな愛と敬意」

・野バラ
「優しい心」

・ミニバラ
「無意識の美」

・まだトゲがついていないバラ
「プラトニックな愛」


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です