CCクリームとBBクリームの違いとは?特徴や使い方も紹介します

「CCクリームとBBクリームの違いって何?」「私はどちらを使うべき?」という、疑問をお持ちではないでしょうか?

BBクリームとCCクリームは、似ているようですが異なるメイクアイテムです。

今回は、それぞれの特徴や違いについて検証してきたいと思います。

スポンサードリンク


CCクリームとは?

似たような名前のBBクリームとCCクリームで、BBクリームは使ったことあるけど、CCクリームって何?という疑問を多くの方が抱えつつも、いつものBBクリームを使用しているのではないでしょうか。2つの大きな違いは仕上がりです。なので、目的に応じて使い分けすることができます。

BBクリームとの違いは?

どちらも化粧下地の役割を兼ねているベースメイクアイテムです。

2つの違いを整理してみましょう。

仕上げりの違い

BBクリーム=カバー重視の仕上がり。ファンデーションのようにしっかり仕上がる。

CCクリーム=ナチュラルな仕上がり。素肌の色味の補正をし、自然な仕上がりになります。

役割の違い

また、ベースアイテムの役割に加えて付随する役割がそれぞれ違うので、その役割がポイントです。

BBクリーム=日焼け止めファンデーションという役割があり、「肌の悩みをカバー」する目的で使うファンデーション+美容効果がある。


CCクリーム=コントロールカラーとして「補正メイクをしてぼかす」という役割と「化粧下地」としての役割がある。

CCクリームは、BBクリームほどのカバー力はありません。
ナチュラルが好きな方は、CCクリームのみの使用でも大丈夫ですが、OKですが、メークが落ちやすくなるので、上からパウダーをはたくと落ちにくくなります。

スポンサードリンク

CCクリームの特徴とは?

CCクリームはメーカーによって意味するものに多少差がありますが、一般的には”「CC」は「Care Control」「Control color」または、「COMPLETE CORRECTION」の頭文字のCを使って省略したのとされています。

BBクリームの定義と違い、CCクリームの方はブランドによってさまざまな意味をもたせていますが、どこのブランドのCCクリームでも、スキンケア効果や肌色補正効果に優れているというのが共通の特徴です。

ですから、素肌を整えながら、本来の肌色をよりきれいに見せる効果が期待できるアイテムとして活躍します。

色補正で肌の色や欠点をカモフラージュ(=周囲の肌となじませる)しながら、肌全体を明るめの色にトーンアップ効果を発揮てくれます。さらには、肌に潤いを与え、滑らかにし、しわを防ぐ効果が期待できます。潤い効果のある美容液に、色補正効果を加えたようなイメージですね。

BBクリームは、もともと医療現場で使われてきたということに比べ、CCクリームは”お化粧”の下地であることを意識して作られているため、肌をカバーして補修力のあるBBクリームよりも、ベタ塗り感を抑えて、自然な肌質に仕上がります

CCクリームの、「Control(コントロール)」という役割は、光の反射と人間の目の錯覚を利用しています。皮膚のトーンまで美しく見せるように補正してくれます。

CCクリームには、ファンデーションの要素は入っていないので、肌の色味補正という目的を中心に、肌悩みを補正して目立ちにくくする自然な仕上がりが期待できます。

肌の色味や質を整えたたいけど、カバー力も欲しいしたいという方は、CCKクリームの上からファンデーションを併用してくださいね。

CCクリームはこんな方(こんな時)におすすめ

・自然な仕上がりがお好み
・くすみや肌色の悪さをが気になる
・ファンデーションまでは使いたくないけど、肌をきれいに見せたい
・軽めの付け心地が好み

*保湿力が高いので、乾燥肌の方には特にオススメです。

イチオシ!おすすめは『かたつむり粘液90%CCクリーム』



 BBクリームの特徴とは?

数年前の韓国コスメブームの中から登場して大流行となったBBクリーム。

コスメポーチに必ず入れておきたい万能アイテムで、UVケアや化粧下地、クリームファンデーションなどの機能がひとつになったオールインワンのクリームです。BBクリームが登場するまでは、複数のアイテムが必要だったベースメイクがBBクリームひとつでOKとなった画期的なメイクアップアイテムです!そんな手軽さのため、あっという間に誰もが持つ定番アイテムになりました。

BBクリームの「BB」とは、「Blemish Balm」を省略したもので、「Blemish=傷、欠点」「Balm=保護」という意味があり、”傷や欠点を補うための軟膏”という意味を持ち、気になる箇所を守るクリームということです。

元々は、手術を行った肌の傷跡を隠したり、保護するため、また肌の赤みをカバーするために使用されていたものですが、それがメイクアイテムとして商品化されました。

そんなBBクリームは、欠点をカバーして美しくみせる機能が高いと言えますね。

また、BBクリームの便利なところは、日焼け止めをつけた後のベースメイクがこれ一つで完了するので、オールインワン化粧品とも言割れています。

BBクリームは肌色もカバーすることができるので、リキッドファンデーションに近いしっかりめの仕上がりを演出することも可能です。

BBクリームの仕上げにはフェイスパウダーを使うというのが、よりきれいに仕上げる方法です。

BBクリームはこんな方(こんな時)におすすめ

・しっかりメイクで仕上げたい
・リキッドファンデーションに近いカバー力が欲しい
・シミ・そばかす・ニキビ跡などの悩みをしっかり隠したい

BBクリーム&CCクリーム共通のオススメの使い方

BBクリームとCCクリームは、機能に違いはありますが、どちらも基本的な使い方は同じです。
よりきれいに仕上げることができるおすすめの使い方をご紹介します。

使用量
BBクリームもCCクリームも、パール粒1個分が目安です。
(各商品にメーカー推奨の使用量が記載されている場合は、そちらを使用量の目安にしましょう。)

手の甲にクリームを出してから、必要な分を指で取りながら使用していきます。

手順
1.

顔全体にBBクリーム、 または CCクリームを伸ばす。

目や口のまわり、鼻などは化粧崩れをしやすい場所なので、薄めに塗るよう意識しましょう。

2.

手指で伸ばしながら、肌になじませていくと密着感が高まり化粧崩れの防止となり、しっかりとしたベースを作ることができます。

3.

スポンジで顔全体をポンポン押さえるようになじませる。

手指でクリームを肌全体にしっかり伸ばした後に、肌により密着させるためにスポンジで抑えていきます。この行程をしっかりすることで、余分な油分を抑え、化粧崩れを抑えることができます。

3.フェイスパウダーで仕上げる。
クリームだけでも十分なメイクアップとなりますが、ベタつきがきになる場合はパウダーで仕上げていきましょう。パウダーで仕上げることで、メイク持ちをよくしたり、崩れにくくしてくれますが、肌が乾燥気味の人は、パウダーをのせすぎにご注意ください。

まとめ

BBクリームとCCクリームの違いをご理解いただけましたでしょうか。BBクリームとCCクリームの大きな違いは、その仕上がりにあるということから、目的による選び方、オススメな使い方などをご紹介しました。

肌質や時々のニーズに合わせて選んでみてください。毎日の暮らしのなかで大活躍してくれそうな、時間短縮ベースメイクアイテムとして両方をポーチに常備しておくと便利そうですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です