2018年金運アップする春財布の購入時期と使い始め吉日はいつ?財布の処分方法も!

新年の金運アップを願って購入される春財布。幸運アイテムの春財布でさらに金運アップを狙うためには、財布の購入、使い始めの日取りも大切です。また、財布を使い始める前にしておくべきこと、古いお財布の処分の仕方を含め、せっかくの春財布に良いエネルギーがたくさん舞い込んでくる方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク


春財布とは?

春財布とは、新年の金運上昇を願って新しく購入する財布のことです。

春に購入し、春に使い始める春財布はとても縁起がいいことで知られています。

春=張る(お財布が張る)という語呂合わせの意味もあり、金運上昇にとても人気で、春はお財布売り場が賑やかになります。

今年の春はぜひ縁起の良い春財布の購入を検討してみませんか。

さらに縁起を担ぐためには、購入する時期や使い始めの時期や吉日にも注目したいですね。

 

 

春財布の購入・使い始め時期は?

春財布の購入時期については、1月から3月の節句までという説と、冬至から 啓蟄までとされる二つの説があります。

暦の上で「春」と呼ばれる期間に購入するのがいいのですが、春の定義も

冬至を過ぎたら春

立春以降が春

という二つの解釈があります。

この辺はややこしいので、細かくこだわる必要はなく、ご自身にとって”春”と思える時期を選ぶと良いでしょう。

ちなみに、2018年の冬至から啓蟄の日にちは以下の通りです。

冬至 2017年12月22日(金)~ 雨水 2018年2月19日(月)

立春 2018年2月4日(日)~ 啓蟄 2018年3月6日(火)

スポンサードリンク

 

2018年の金運アップの吉日を紹介

吉日には様々のものがありますが、こちらに金運や物事の始めに吉とされる吉日を紹介していきたいと思います。

【一粒万倍日】

文字通り「一粒のモミが万倍もの稲穂に実る」という意味があり、昔は種まきに適した日とされてきました。物事が何倍にも膨らむということから「お金が何倍にも膨らみ増える」という 金運アップにつながる吉日です

【天赦日】

日本の暦の上で最も吉日と言われる日です。新しい事業やお店の開業や将来のための投資、契約、入籍など新しいことを始めたりそのために出資する日として適しています。何をやってもいい方向に進む「開運最強日」です。

【大安】

大安は六曜の中でも最も吉とされている日で一番馴染みが深い吉日ですね。何事においても吉とされているため、結婚式や結納などには大安を選ぶ方が多いのではないでしょうか。

【寅の日】

干支の寅を表し、12日に1度巡ってくる寅の日は、金運アップの吉日です。寅の黄金いろの毛皮から”金運の象徴”とされます。また、虎は「千里を行って千里を帰る」パワーがあるということから「出ていったお金が返ってくる」ということにつながります。

【新月】

新月はこれから満月に向かって光が満ちていくパワーがあると言われ、願い事をするのに最適な日。この日にした願い事は叶いやすく、金運も上がると言われています。

【満月】

満月は月のパワーが最大になる日です。浄化作用もあると言われています。

2018年の吉日が重なる日で吉の影響もアップ?

上記の吉日は単独でも運気アップのパワーの力がありますが、吉日が重なるとさらに運気がアップしますので、吉日が重なる日を紹介したいと思います。

2018年天赦日と一粒万倍日が重なるのはこの3日

●2月1日(木)

天赦日+一粒万倍日+先負

●7月1日(日)

天赦日+一粒万倍日+仏滅

*吉日は重なりますが、この日は仏滅が重なるとうことで祝い事に関しては避けた方が良さそうです。

●9月13日(木)

天赦日+一粒万倍日+ 大安

2018年他の吉日が重なる日はいつ?

●1月11日(木)一粒万倍日+ 大安〇

●2月1日(木)一粒万倍日+ 天赦日◎

●2月26日(月)一粒万倍日+ 大安+不成就日×

●3月11日(日)一粒万倍日+ 寅の日〇

●3月23日(金)一粒万倍日+ 寅の日〇

●4月4日(水)一粒万倍日+ 寅の日〇

●5月12日(土)一粒万倍日+ 大安〇

●7月1日(日)一粒万倍日+ 天赦日+仏滅〇

●9月8日(土)一粒万倍日+ 大安〇

●9月13日(木)一粒万倍日+ 大安 + 天赦日◎

●9月25日(火)一粒万倍日+ 大安+満月◎

●10月7日(日)一粒万倍日+ 大安〇

●10月17日(水)一粒万倍日+ 大安+不成就日×

●10月29日(月)一粒万倍日+ 大安〇

*不成就日というのは何事も成就しない日で、新しいことを始めるには向かない日です。吉日が重なっていても不成就日は避ける方が無難です。

 春財布を使い始める前に

実は、お財布は最初に入れてもらったお金の量をずっと覚えているのです。

財布に変えたばかりの使い始めは、できるだけ多くのお札(できれば新札)を入れておき、財布にこのくらいのお金が入っていて当然だという認識をしてもらいましょう。

そうすることで、お財布自体に「その状態に保とう」という意志が働きます。

古いお財布の処分の方法

古い財布に関しては、処分するか保管するかのふた通りがあります。

保管する場合

『この財布に変えてから運が良かった!』『人生が変わった!』という縁起の良さが感じられる財布は、運気を上げてくれる風水アイテムとして大切の保管しておきましょう。そんな縁起の良い財布は運気を底上げしてくれます。

財布を捨てる場合

財布を捨てるときは、財布だということがわからない状態で、裸ではなく白い布や紙に包んで捨てましょう。

また雨の日に捨てることが風水では良いとされます。というのは”金”のエネルギーは”水”の気で増えるということから、捨てる際にも良いエネルギーを循環させる効果を得るためです。

どちらの場合においても、お財布を新しいものに変える場合は、これまで使ってきた財布に感謝の気持ちを持って行うことが大切です。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です