上野公園のお花見2018見頃とうえの桜まつりの期間!ライトアップの時間は?

世界的に有名な上野動物園に隣接する上野恩賜公園。

広大な敷地をほこる上の公園の桜並木は日本の名所の一つで、毎年多くのお花見客でにぎわいます。

桜満開の3月中旬から4月上旬にかけて「うえの桜まつり」と称する桜イベントが催され、東京都内外から多くの人がおしよせます。

そんな上野公園の2018年度の桜の開花状況を調べてみました。

スポンサードリンク


上野の山は、江戸時代に天海僧正が吉野山からはるばる桜を移植させたことが始まりで、「桜の名所」として知られてきましたが、江戸一番の桜の名所として、今日まで都民に愛され続けている超人気お花見スポットです。花見シーズンには、例年約200万人近い人が訪れます。

上野公園の桜にはソメイヨシノ、サトザクラ、ヤマザクラなどおよそ1200本の桜があります。お昼の美しさとは違った「夜桜」また風情があり、夜桜を見ながらのお花見も毎年大賑わいを見せます。

上野公園お花見基本情報

場所:上野恩賜公園

イベント名称:うえの桜まつり2018

開催期間:3月中旬から4月上旬

開演時間:入園自由 5:00~23:00(23:00~翌5:00は立ち入り禁止)

夜桜のラトアップ:17時30分~20時(予定)

住所:東京都台東区上野公園

アクセス:JR上野駅/京成線京成上野駅/東京メトロ線上野駅公園口から徒歩すぐ

お問い合わせ:03-3828-5644

スポンサードリンク

うえの公園のお花見、見頃はいつ?

上野公園には約1200本もの桜の木が植えられており、2017年3月18日から4月9日までの期間で「うえの桜まつり」というお花見イベントが開催されました。

うえの桜まつりのイベント期間は、桜の開花により前後しますので2018年のイベントについては現在まだ決まっていません。

東京での例年の桜の開花は3月末、満開は4月上旬です。

開花や満開の時期は、1週間ほどずれることがあります。

早くなったり、遅くなったしますので、3月の中旬を過ぎた頃から桜前線情報をチェックしておくと良いでしょう。

桜は種類による差はありますが、通常開花から4日目頃に5分咲きとなり見頃となります。

上野公園には早咲きの桜もあり、2月の上旬頃から楽しめます。

2017年の東京の桜は、
開花は3月21日で、平年より5日早く、満開は4月2日で、平年より1日早かったという情報があります。

4月の上旬になると上野公園、また近隣の公園(隅田公園、代々木公園などで)ソメイヨシノが見ごろになります。

上野公園のお花見混雑状況

東京近辺でお花見といえば上野公園!というほどのお花見のベストスポットです。

普段から人出で賑わう上野公園近辺では、”うえの桜まつり”の期間には、相当な数の花見客が訪れ、広大な上野公園の土地をが埋め尽くされます。花見客目当ての屋台も多数出展されます。

週末や祝日はお昼頃から夜21:00くらいまでは大混雑します。平日でも17:00過ぎくらいから花見客で混雑し始めます。

平日のお昼なら会社帰りの人は少ない分、親子連れや学生で賑わってるため、空いている時間となると、午前中か15時頃、夜の花見客で賑わう前の時間ということになります。

 

上野公園の桜の見どころ

上野公園の中心には、大噴水がありますが、噴水から西の方向(不忍池の方)を見ると、美しい桜並木が池まで続いています。

上野公園のお花見で見逃せないポイントといえば、第一に挙げられるのがこの桜並木でしょう。花見の期間にはお花見を楽しもうとする花見客が並木沿いに場所を取り合います。

花見客の喧騒から逃れてゆっくり歩きたいという方は早朝の散歩がおすすめです。

屋台の出店

桜まつりの期間内には、公園内や周辺にたくさんの屋台が出店されます。

そのおかげで手軽にお花見ができたり、偶然通りがかったけどお花見しちゃおうという方も中にはいるようんです。

食べ物、飲み物だけでなく、子供が好きそうなスーパーボール救いや、わたあめの屋台もあるので、大人のお花見に付き合う子供達も退屈せず楽しんでくれそうです。

夜間はボンボリが点灯!

サクラ開花宣言から、桜まつり期間の間は毎日17:00~20:00の時間帯で園内にボンボリが点灯されます。広い公園内のボンボリを合計すると1000個以上になるのだそう。

ボンボリのあかりと夜桜の姿は、上野公園内に幻想的な世界を作り出してくれます。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です