YAGPバレエコンクール2019日本予選の日程!会場のアクセスと駐車場情報も!

今年もYAGP(ユースアメリカグランプリ)予選の時期が近づいてきました。

2018年YAGPの予選は、今年2017年10月に始まります。ブラジル(サンパウロ)を皮切りに、大韓民国、中国、オーストラリア、日本(大阪)、メキシコ、フランス(パリ)、スペイン(バルセロナ)、カナダ(トロント)と各国での予選が予定されています。

そして年明け2018年1月からは、アメリカ国内21都市での予選が開催されます。合計10カ国での予選が行われることになります。

スポンサードリンク


注目のユースアメリカグランプリ YAGP2018日本予選はいつ、どこで開催?

時:2017年10月30日(火曜日)~11月4日(日曜日)
場所:神戸のあましんアルカイックホール、アルカイックホール・オクト(尼崎市)

・10/30(火曜日):プリ・ジュニア・シニアのヴァリエーション審査、ワークショップ
・10/31(水曜日):プリ・ジュニア・シニアのヴァリエーション審査、ワークショップ、スカラーシップクラス
・11/1(木曜日):プリ・ジュニア・シニアのヴァリエーション審査、ワークショップ、スカラーシップクラス
・11/2(金曜日):プリ・ジュニア・シニアのヴァリエーション審査、スカラーシップクラス、プリコンペティティブ決選
・11/3(土曜日):プリコンペティテイィブ決選、ワークショップ、表彰式
・11/4(日曜日):ジュニア・シニアの部決戦、ワークショップ、表彰式

10/25~28は関係者のみが観覧可能です。

11月4日(日)のアメリカグランプリ日本予選決戦は関係者以外でも観覧することができます。

自由席:3000円

お問い合わせ:YAGP2018日本事務局/有限会社ミューズ 電話:050(3400)5664

YAGPの決戦、アメリカ・ニューヨークで行われるNYCファイナルは、2019年4月12日(金)~19日(金)が予定されております(スケジュールは全て予定)。

YAGP日本予選の詳しいスケジュールはこちらのPDFでご確認いただけます。

詳細スケジュールの訂正項目:

11/4(日) 11:30-15:00(予定) クラシック部門決選
誤) SR女性 SR男性  →  正) SR女性 JR男性 SR男性

審査員

オーストラリアン・バレエ・スクール(オーストラリア)

カンヌ・ロゼラ・ハイタワー国際ダンス・センター(フランス)

シュツットガルト・バレエ ジョン・クランコ・スクール(ドイツ)

ドレスデン・パルッカ・ダンス大学(ドイツ)

モナコ王立プリンセス・グレース・アカデミー(モナコ)

チューリッヒ・ダンス・アカデミー(スイス)

その他

各部の参加者年齢

【クラシック部門】

9~19 歳 男女

・ プリコンペティティブ: 9~11 歳

・ ジュニア: 12~14 歳

・ シニア: 15~19 歳

【コンテンポラリー部門】

12~21 歳 男女

・ ジュニア: 12~14 歳

・ シニア: 15~21 歳

◎アンサンブル

・ パ・ド・ドゥ: 平均年齢 9~19 歳 男女 ペア

・ グループ(2 人

▼▼YAGPを舞台にした映画ファーストポジションでは夢見るダンサー達の姿が観れる!!▼▼

ファースト・ポジション夢に向かって踊れ!のあらすじや出演者は?ネタバレ感想まとめ!

 ドキュメンタリー映画ファーストポジション』が見れる動画配信サービスは、U-NEXTです。

予選会場、あましんアルカイックホールのアクセスと駐車場情報

地図

行き方

交通機関利用
最寄駅  阪神「尼崎」駅から徒歩5分または、
JR「尼崎」駅 車(タクシー)で約6分/尼崎市営バス:南側4番乗り場「系統23:「阪神尼崎行き」から「尼崎総合文化センター」バス停よりすぐ

車での来場

駐車場
15分ごとに100円(164台)/駐車料金最大900円(入庫当日に限る) 高さ制限2.2m

▼YAGP日本予選会場までのアクセスを詳しく紹介▼
あましんアルカイックホールへの行き方!大阪国際(伊丹)空港、新大阪駅からのアクセスも!

スポンサードリンク

YAGPが世界で注目される理由とは?

世界的バレエコンクールということで、ダンス業界の関係者が多く来場します。入賞者が手にすることができるスカラシップ(世界の各バレエ学校への奨学金制度や入学許可)以外でも声のかかることがけっこうあるようです。また、こちらのコンクールは、舞台で踊ることだけでなく、ワークショップが充実しているので、著名な講師陣から踊りを学ぶ機会としても貴重な体験ができます。

このコンクールは、毎年ニューヨークで開催され、国籍を問わず9~19才のダンスを学ぶ生徒を対象としています。予選には申し込めば、誰でも出場することができます。

各国で行われる予選への参加者だけでも、例年相当な数の若手ダンサーが参加されています。昨年の国内予選では、大阪予選のジュニア部門だけでも300人を超えていたという大きなコンクールです。突破するだけでも相当な激戦となりますね。NYのファイナルに進むことを目指し、各国で北から南から、ダンサーたちが集結します。NYでの本選の参加者は1000名くらいになると予想されています。

若いダンサー達が教育を受け、プロとして活躍するためのこの上ない機会を与えるということを目的に創設されたコンクールです。

世界的に有名なボリショイバレエ出身のラリッサ&ゲナディ・サヴェリエフのお2人により1999年に創設されて以来、世界のプロのダンサーを目指す若者にとっての足がかりとなっています。

アメリカをはじめ世界有数のダンススクールで奨学生として学ぶ機会を与えるアメリカで唯一のバレエコンクールです。このコンクールは毎年ニューヨークで開催され国籍を問わず9〜19歳のダンスを学ぶ生徒を対象としています。
若いダンサー達が教育を受け、プロとして活躍するためのこの上ない機会を与えるために1999年に創設されプロのダンサーになるための足がかりとなっています。
(YAGP(ユース・アメリカ・グランプリ)ホームページより引用)

 

「このコンクールの使命は若いダンサーたちに世界有数のダンススクールで学ぶためのスカラシップを始め世界で開催されるガラ公演やダンスフェスティバルで一流のパフォーマンスを経験する場を提供するなど彼らがプロフェッショナルの世界へと羽ばたく手助けをすることです。」

YAGP創設者/共同芸術監督/ラリッサ&ゲナディ・サヴァリエフの御挨拶より抜粋

最後に

ダンサーになることを夢見る世界の若者にとって、大変貴重な機会とも言えるYGAP世界予選。若者の一生懸命な姿を見ると心から応援したくなりますね。皆さんが、自身のベストを尽くすことができるよう願っています。

▼▼YAGPを舞台にした映画ファーストポジションでは夢見るダンサー達の姿が観れる!!▼▼

ファースト・ポジション夢に向かって踊れ!のあらすじや出演者は?ネタバレ感想まとめ!


スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です