痩せている人の生活習慣と食生活は?太っている人と何が違うの?

「やせたい!」とダイエットに臨む女性の方が、難なくスリムな体型をキープできる女性より割合的にはずっと多いようです。でも、痩せている人には食習慣や生活習慣に理由があると思いませんか。

今回は痩せている人が自然と行なっている習慣や傾向をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク


痩せている人から学べる太りにくい習慣!

痩せることを目的にダイエットをしている人は、好きな食事を我慢したり、お菓子を我慢したり、日々色んな誘惑と戦っていますよね。

あなたは「こんなに我慢しないといけないの~!」とダイエットの苦しみを訴えながら頑張っていませんか。

「もともと痩せていて羨ましい!」と思うような痩せている人の中には、なのです。我慢知らずの幸せな体型の持ち主だという言い方もできますが、彼女たちから学び真似できることがあるのです。

彼女たちのように、普段から痩せる生活(太らない生活)をしていたら無理なダイエットを頑張らなくていいと思いませんか?

痩せる生活習慣に変えていけばそれだけで体は変化してくるはずですし、ベストな体型をキープすることすら、苦労する必要は無くなるのではないでしょうか。

絶対太る食習慣

まずは、太る習慣を復習していきましょう。これらの習慣を意識しているだけで、自分にストップをかけることが可能になるのでは?

脂肪の取りすぎ

ジャンクフード、揚げ物、ポテトチップスなどの簡単に食べられて美味しい料理は、脂肪が多く含まれています。これらの食品は止めにくいという特徴もあり、ついつい食べすぎてしまいます。

もともと高カロリーなのに、ついたくさんの量を食べてしまうので、カロリー過多という結果ですね…

「今日だけ。」という甘い言葉も禁句にしましょう!

脂肪を摂り過ぎれば、まず症状はぽっこりお腹や太ももやお尻のサイズに出ることが一般的。すぐにつながり、体のラインを崩してしまいます。

食事抜きも太る原因に

ダイエットのために食事量を減らせば摂取カロリーも減るからと、食事を抜くダイエットをするという方もいらっしゃるのでは?

それはその通り!食事を減らせば体重は減りますよね。でも、ただ単に体重を減らしただけでは不健康な痩せ方で、逆に老けてしまったり、体調を崩したり、といいことはありません。

食事を抜くと、ビタミンやタンパク質などの必要な栄養を摂れなくなるので、体に弊害が出て当たり前。

また、脂肪を燃やすための栄養も不足してしまい、体重が落ちたとしてもそれは筋肉が落ちるだけ、脂肪が減ることにはなかなかつながりません

ダイエットの成功させるためには、無理せずできる正しい食生活を送ることが大切。

無理せずできる、太りにくい食生活を身に付けて、ダイエットを成功させましょう!

スポンサードリンク

タンパク質不足

ダイエット中にカロリーが高いからという理由で避けてしまいがちなのが、お肉や魚などのタンパク質類ではないでしょうか。

でも、これがダイエットの落とし穴!

タンパク質は、健康的に痩せるために不可欠な栄養素なんです。

タンパク質の摂取量を減らす食事制限をしてしまうと、筋肉が落ちます。

そして、タンパク質不足で落ちるのは筋肉だけではないのです。代謝まで落ちてしまい、リバウンドしやすい体になってしまうのです。

ダイエット中こそ、積極的にタンパク質を摂り、運動で筋肉を維持したり発達させることが大切

タンパク質+運動が代謝を高め痩せやすい体を作る秘訣です。

ビタミン不足

ダイエット中にさすがに避けるようにする人の方が多いとは思いますが、栄養価の低いジャンクフードやコンビニ弁当などの食事で不足しやすいのは、ビタミン類。

もちろん、食事量を減らす(もしくは食べない)ダイエットでもビタミンの摂取は激減しますね。

ビタミンはいろんな役割をし、私たちの体を健康に保ってくれるのですが、食生活が乱れてビタミンの摂取が減ると、脂肪を燃焼させる役割が果たせなくなります

脂肪の燃焼に役立つビタミンは以下の通り。

  • ビタミンB群…脂肪燃焼と脂肪の蓄積の予防に効果がある
  • ビタミンE…血流を改善して、代謝を上げ、脂肪を燃焼させる効果がある

バランスの良い、食事をとることはダイエットの基本です。食事量を減らすダイエットでは、最終的には痩せにくい体を作ってしまうことに….。

痩せている人は身につけている!太りにくい食習慣&生活習慣とは?

痩せている人が自然と身についている食生活や傾向は以下のようになります。例外もありいくら食べても太らないという人もいるのですが、大体の場合は元々の好みや身についている習慣が、太りにくい習慣という方が多いようです。

基本の飲み物はノンカロリー

水やお茶が基本の飲み物とするのが、痩せている人の好みでもあり、ペットボトルの飲み物を買うときも、選ぶのは決まって水かお茶。

コーヒー、紅茶も基本的に砂糖なしで無糖のものを好む。100%果汁のフルーツは飲んでもソフトドリンクは飲まないという習慣があるようです。

なるべく手作り!しっかり食べる!

痩せている人の食習慣には、なるべく手作りの食事をとる習慣があります。

出来合いのものや冷凍食品は利用しないという食習慣も、子供の頃から身についているという人が多い傾向にあるようです。

朝は自宅で簡単でもいいから必ず朝食を食べ、お昼はお弁当を好み、夕飯はできる限り自宅で手作りの食事をとるというのが当たり前という日常生活から、栄養をしっかりとり、カロリー過多になりにくい基本の食習慣としています。

朝食は毎日しっかり食べる。朝食なしでは昼まで持たないという人が多いようですが、それは脂肪を燃焼しやすい体質が出来上がっているからなのでしょう。消化吸収もよいので、食べて燃焼と体がすぐに反応するのでしょうね。

手作りの食事を食べるるという習慣からは、自然とバランスの良い食事ができ、野菜もたっぷり食べ、ビタミンやミネラルも摂取できるという嬉しい結果にも。

痩せている人、間食は食べる?

食べなくても平気だという人が多いようです。コマーシャルや店頭で新発売の商品に飛びついたり、つい誘惑に負けてしまうことがあまりないようです。

おやつ類は、人から貰えば頂くけど、わざわざ自分からは買わない。または、買っても一気ぐいはしないで、ちょびちょびと一箱のチョコレートを1週間かけて食べるなど、カロリー過多にならない食べ方をしているようです。

好み自体もあっさりしたものが好き。お腹が空いたら冷蔵庫からキュウリやトマトを食べるなどという。

痩せている人の食事の量

痩せているの傾向として、食事量は少なめで満腹になるまでは食べないという傾向。

食欲よりも食べたた後の快適さにこだわり、食べすぎた時の胃のもたれや、翌日の体調の方を気にする。

回転寿司のお皿の数5~6皿ほど。それ以上は美味しそうなお寿司が見えても断じて手を伸ばさない。我慢しているのではなく、食べた後の苦しさを後悔することが目に見えて、自分を止めることができるのです。

夕飯後の空腹は我慢する。さらにやはり太ることを気にしてか、翌日のことを考えてか、9時以降の食事はなるべく食べない、もしくは消化の良いものしか食べない」と決め、それを守るというのも太りにくい習慣ですね。

積極的に体を動かす

せっかく正しい食生活を始めるのであれば、食習慣を変えるのと併行して、健康的に痩せるためにはやはり「運動」をプラスしてみるのがベストです

運動といっても、スポーツを始めなきゃ!と張り切って3日坊主で終わってしまっては元も子もありません。

運動も日常の一部として、意識して体を動かすということから始めてみませんか。「例えば、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う、一駅分歩いてみる。歩ける距離の場所には車を使わず歩く」などという気軽にできるところから、体を動かす習慣をつけてみませんか。

そのほかの痩せている人の傾向とは?

食欲より睡眠欲…. 食べるより少しでもたくさん寝たい

和食派 … 洋食も食べるけど、あっさりした断然和食が好き

食事はゆっくりめ(噛む回数が多くなり消化にも◎)

満腹になる前に食べるのをやめる(自然と腹八分目の習慣が身についている)

おやつが欲しくなる状況を避ける(コンビニやパン屋さんケーキ屋さんに立ち寄らないなど)

まとめ

こんなにあった痩せている人の習慣。そして、どれも意識すれば簡単に真似できそうなことばかり。早速、痩せている人が日常的に行なっている”太りにくい習慣”、私も真似してみようと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です