アフォガートの作り方と美味しい食べ方!口コミも紹介!

アフォガートをご存知ですか?アフォガートというのは、エスプレッソを使った大人のデザートの一つで、バニラアイスやそのほかお好みのジェラート等にエスプレッソをかけて食べるイタリア生まれのデザートです。

今回は一度食べたらやみつき!?アフォガードの作り方やや食べ方、カロリーなどについてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク


アフォガートとは?

濃厚でほろ苦い熱々のエスプレッソを甘くて冷たいバニラアイスクリーム(お好みでそのほかの味のアイスでもOK)の上からかけた大人の味のイタリアンデザートです。

「affogato」とはイタリア語で「溺れた(アイスクリーム)」の意味があります。

日本では”アフォガート”と”アフォガード”という二つの名前で広がっていますが、原語のつづりを見ると、「affogato」なのでアフォガートというのが正しいのがわかりますね。

アフォガートにかける飲み物はエスプレッソが最もポピュラーですが、コーヒー、紅茶、リキュールなどをかけるのも○で、アフォガートのバリエーションは豊富です。エスプレッソ以外のものをかける場合は、かける飲み物によって『○○○アフォガート』と呼び名が変わるのだそう。

アフォガートの作り方

アフォガートの作り方はいたって簡単!

材料:お好みのアイスクリーム(またはジェラート)とエスプレッソ(30mlくらい)のみ。

アイスクリームのおすすめは、濃厚なバニラ!または、キャラメル、モカ、チョコレート等クリーミーでコーヒーと味が合いそうなもの。(シャーベットやフルーツを原料にしたものは…ちょっと冒険ですね。)

器かグラスにアイスクリームを入れ、そこに熱々のエスプレッソをかけるだけで出来上がり。エスプレッソの量は30mlくらいが基本の量です。

アフォガートを作る際のポイント

  • あくまでアイスクリームが主役のデザートということを念頭に!注ぐエスプレッソや飲み物の量はを少なめにするというのがポイントです。
  • 飲み物をアイスクリームに注ぐ際は、溶けたアイスクリームによってコーヒーの味が薄まります。コーヒーの香りや味をアイスクリームと絶妙なバランスで楽しむためには、濃い目のコーヒーがおすすめ。を作ると良い。
スポンサードリンク

美味しいアフォガートの食べ方

美味しいアフォガートの食べ方は、アイスの冷たさとエスプレッソの熱さが残っている間にいただくこと。そのように作りたてをいただくというのが、アフォガードの美味しさを堪能するための食べ方と言えます。

そして同時にアイスの甘さとエスプレッソの苦味を一緒に楽しんでくださいね。

また、アフォガートは食べ進めていく間に色々な味が体験できるのも美味しさの秘密です。

溶け始めたアイスクリームのまったりした甘味に、器の下の方に溜まったエスプレッソのほろ苦さに。甘さとほろ苦さのバランスにアイスクリームの溶け具合にと色々な味の変化や違いを楽しんでみてくださいね。

お好みでココアパウダーやシナモンパウダー、はちみつ等を最後に少量ふりかけるのもおすすめ。クッキーやビスコッティを一つ添えるのもおしゃれですね。

 

アフォガートを食べた人の感想は?

  • 甘さと苦味が最高のマッチング!
  • 贅沢なものにはまってしまった。
  • コーヒー好きにはおすすめ!
  • 甘いものが苦手な私も、アフォガートは楽しめる!

アフォガートのカロリーは?

材料がアイスクリームとエスプレッソだけというシンプルなデザートのカロリーは?

数年前に一時期マクドナルドでもアフォガートが売られ、人気のデザートでしたね。当時マクドナルドで公表されていたアフォガートのカロリーが200Kcal。

この数字を聞くと、デザートとしてはカロリーが低いと感じるのではないでしょうか?

ちなみに、ご飯一膳が約150kcalなので、ほぼそれに近いカロリーだということができます。

アフォガートのカロリーが低めというのは、エスプレッソのカロリーが低いというのが理由です。

エスプレッソ30mlのカロリーは、ほんの2~3kcalです。

ということは、ほぼアイスクリームだけのカロリーだということになりますね。

アフォガートの口コミを紹介!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です