清水寺紅葉ライトアップと夜間拝観の期間と見どころ!混雑状況とおすすめ時間帯は?

秋を迎える京都の夜間の特別拝観と紅葉のライトアップが行われます。
紅葉ライトアップの時期は、いつもの昼間の拝観とは違う幻想的な雰囲気を楽しむことができますので、見逃せませんね。

今回は、紅葉の美しさでも有名な清水寺の紅葉ライトアップ情報をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク


清水寺について

住所:京都市東山区清水1-294

拝観料:通常400円

清水寺の舞台から下を見ると木々がまるで雲のように見えますが、その絶景が「錦雲渓」と呼ばれています。紅葉の時期は錦雲渓が真っ赤に染まり、夕焼け雲のように見えます。

清水寺の紅葉の魅力はこの「錦雲渓」の絶景だけでではありません。日本屈指の三重塔が紅葉に包まれる景観も絶景です。

また、紅葉の時期には成就院庭園が期間限定で公開されるということも清水寺の紅葉時期の魅力です。清水寺の夜間拝観似合わせて、成就院庭園でも紅葉のライトアップがあります。

赤く染まったカエデと緑の苔がライトアップされた色のコントラストは思わず息を飲むことでしょう。

 

また、放生池などの周囲には約1000本のヤマモミジが広がります。

それらすべてが1500基以上のライトで照らされるライトアップの様は圧巻で感動を通り越すかも。

音羽の滝周辺から本堂の舞台を見上るのもおすすめです。

スポンサードリンク

清水寺の夜間拝観・紅葉ライトアップ

夜間拝観・ライトアップ日程

日程 :2017年11月11日(土)~12月3日(日)

(成就院庭園の公開は11月18日より)

時間 :18:00(開門)~21時00分(受付終了)

拝観料:大人400円/小・中学生200円

成就院庭園拝観料:大人600円 小・中学生300円

※夜の特別拝観期間中は通常拝観の閉門時間は、17:30で一旦参拝者は一度外へでなければなりません。

清水寺の紅葉の見頃は?

温暖化の影響のためか、年々紅葉の見頃の時期が遅くなっているようですが、寒さの到来によって多少の変化があります。

清水寺の紅葉の見頃は、11月中旬から12月上旬と言われています。

例年通り寒さの到来がゆっくりめであれば、11月以降も美しい紅葉が楽しめそうです。

特に11月の中旬〜月末にかけて、紅葉を目当てに訪れる観光客で京都一帯が混雑します。混雑を避けるには、12月の初旬が狙い目かもしれませんね。

 

清水寺の紅葉の混雑状況

上記の通り、紅葉の時期(特に11月の中旬〜月末)の京都は、清水寺だけでなく京都一帯が混み合います。

車も渋滞するため交通規制も行われます。そのため自家用車での移動は大変になります。もちろん駐車場を見つけるのも困難な状況になります。

ということで、公共交通期間をご利用をおすすめします。

もしくは、歩ける範囲なら徒歩での移動が一番スムーズだとも言えます。

それでも車で移動を希望の場合は早朝の時間帯なら問題なくコインパーキンなどの有料を狙うことができるでしょう。

ちなみに清水寺の開門時刻は朝6:00です。

混雑を避けたおすすめ参拝時間

清水寺の夜間拝観とライトアップは、18:00からとなります(昼間の拝観とは別料金が必要)。

夜のライトアップを狙って訪れる方で昼間以上の混雑が予想されます。

特に開始時間直後(18:00:00〜19:00ころ)は混雑します

開始時刻からの拝観を狙うと、開門前から行列ができ、入場できるまでに30~40分待つことも予想されます。

また、金曜日と土曜日の晩は、かなりの混雑が予想されます。

なるべく人混みを避け、ゆっくりとライトアップを楽しみたい方は、遅めの時間ですが20時か20時半以降の来場がおすすめです。

 

混み合う時間帯の来場客が帰り始める時間となり、落ち着いて紅葉のライトアップをお楽しみいただけます。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です