黒嘉嘉(ヘイ・ジャージャー)美人女流棋士のプロフィールと画像!母親はどんな人?

「世界囲碁大会に美女が現れた!」という噂が広まっています。

「千年に一人の逸材!」「美しさが楊貴妃レベル!」とも言われている台湾出身の美人囲碁棋士”黒嘉嘉(ヘイ・ジャージャー)”さんを紹介させていただきたいと思います。

スポンサードリンク


ヘイ・ジャージャー プロフィール

姓名:黒嘉嘉(ヘイ・ジャージャー)
英語名:JOANNE MISSINGHAM(ジョアンナ・ミシンガム)
生年月日:1994年5月26日
出生地:オーストラリア
父親:オーストラリア人/母親:台湾人の母を持つハーフ
現住所:アメリカ・サンディエゴ
オーストラリアの市民権(またパスポート)を所有。

ヘイ・ジャージャーさんは、オーストラリアのブリスベンで、オーストラリア人の父と台湾人の母の間に生まれました。

その後4歳で台湾へ行きました。そして11歳でアメリカ、15歳で北京へと幼少期から国際的な生活を送り、世界をまたいで英才教育を受けました。

囲碁を始めたのは6歳の時に台湾の囲碁スクールに連れて行かれたのがきっかけでした。最初のレッスンが楽しかったため、囲碁の学習をつづけることになったのだそう。

一般的な中華系の母親は”タイガーマザー”とも称されるほど教育熱心な人が多いようですが、ヘイ・ジャージャーさんのお母さんも娘の力を見抜くこととそれに関する高度な教育を受けさせることが上手だったのかもしれません。

色白の透明感のある肌にハーフ美女でありながらの美しい黒髪がとても神秘的な美人女流棋士です。

SNSでも世にも美しい女流棋士が存在する!という噂が広まっているようです。

スポンサードリンク

女流棋士とは?

「棋士」と「女流棋士」には違いがあるのをご存知でしょうか。

「棋士」とは基本的に、棋士養成機関の「奨励会(しょうれいかい)」に入って四段以上になった人のことを言います。「棋士」になると、プロとして名人戦順位戦などの公式戦に参加することができます。女性でも棋士になることは可能です。

「女流棋士」というのは、「棋士」というのは女性の「棋士」ではなく、全く違う昇段制度からくる肩書きです。「女流棋士」というのは、女性限定の公式戦にのみ出られる棋士のことで、奨励会で2級以上になったり、奨励会より下のレベルの「研修会(けんしゅうかい)」で決められた成績を収めた女性がなることができます。

囲碁界の美女ヘイ・ジャージャー

台湾では女流棋士の存在は珍しいそうです。

ヘイ・ジャージャーさんは、6歳から囲碁を始めたそうです。

14歳の時に段級を決める試合で中国棋院初めての台湾人女子生徒となりました。

その時までヘイ・ジャージャーさんは、囲碁は独学で学び、意外にもネットのオンライン囲碁ゲームで練習してきたのと本人がコメントされていました。

毎日のほとんどの時間を囲碁に費やしているそうで、一日のうち食事と寝る時間以外はずっと囲碁をしているという生活をしているそうです。

女流棋士ブーム到来!?

囲碁の男女間の実力差は将棋の男女差に比べると小さいと言われていますが、ヘイジャージャーさんのように美しい女流棋士の存在が世界に知られるようになることも、女性が囲碁への興味を持つことのきっかけとなりそうです。

もしかして女流棋士ブームが起きるかもしれないと期待されているようです。

珍しい女流棋士という資格

棋士/女流棋士になる人は、小学生の頃に「小学生将棋名人戦」などの全国大会で好成績を挙げるレベルに達し、囲碁の奨励会や研修会に入ります。

その後、研修会で規定の成績を挙げた人が女流棋士になる制度があります。

囲碁を打つ女性全てがみなさん女流棋士というわけではありません。

女流棋士というのは未だ珍しく、世界でまだ74名しかいません(2017年現在の情報)。


スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です