ストレンジャーシングス未知の世界のあらすじと見どころを紹介!

NetFlixオリジナルシリーズとして話題を集めている「ストレンジャーシングス未知の世界」。あなたはもうご覧になりましたか。

世界で大人気のこのシリーズものの人気の秘密を探りながら、あらすじを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


80年代のSF 作品の

80年代多くのファンを魅了したSF映画へのオマージュ満載でお届けする「ストレンジャー・シングス 未知の世界」。物語の舞台は1983年の米国インディアナ州。平和だった小さな町から、一人の少年が忽然と姿を消す。家族や地元警察が捜索を続ける中、謎の少女が突然現れ、政府による最高機密実験や、次から次へと起こる超常現象に隠された真実など、闇に包まれていた町の秘密が暴かれていく。

(Netflixより あらすじ)

オマージュとは…芸術や文学において、尊敬する作家や作品に影響を受けて、似たような作品を創作する事を指す用語である。(ウィキペディアより)

ということで、「ストレンジャーシングス未知の世界」は、SF映画のオマージュ作品ということですね。「E.T」や「グーニーズ」と重なる部分が強いようです。子供が主人公というところもそこからきたのでしょうか。

80年代のSFが好きという人の心を掴んでいるようですが、過去の人気創作を現代に繋げていくという発想も人気の理由なのでしょう。こういったSF作品を基にしたオマージュ作品は、特に海外での人気度が高いようですが、今回の作品は日本でも大注目のようですね。

また、「ストレンジャー・シングス」は1シーズン8話で完結という良い長さです。

海外ドラマの特徴として、人気が出ればシーズンを増やすという傾向にありますが、視聴者の立場からも1シーズンの長さも大切ですね。特にSF系のものは終わりまでの期間が分かった上で物語の展開を楽しむことができますが、そのためにも8話でシリーズが完結というのは面白みが増します。

スポンサードリンク

「ストレンジャーシングス」あらすじ

1983年11月6日、インディアナ州で、12才の少年ウィル・バイヤーズが突然失踪するところから始まります。ウィルの母のジョイス・バイヤーズ(ウィノナ・ライダー)は半狂乱となって息子を探しますが、息子の姿はどこにもなく、森の中でウィルの自転車だけが見つかる。

警察署長のジム・ホッパー(デヴィッド・ハーバー)がウィルの捜査を始め、同じくウィルの行方を追っていたウィルの友人マイク(フィン・ヴォルフハルト)たち三人の少年と遭遇する。

捜査開始の翌日、不思議な能力を持つという謎の少女が現れ、不思議な現象が起こり始める。

この物語は、ウィルがまだ生きているか死んでしまったのかという捜索から裏側の世界というSF世界の話に広がっていきます。

ウィルの友人マイクたちやウィルの親やウィルの兄や町の警察、とそれぞれのグループで失踪事件の謎を突き止めていくので少しづつ真相に近づいていく。

中心の登場人物が子どもたちということもあり、子ども目線で物語が進んでいくため、難しい物理学の話もわかりやすく教えてくれるのもありがたい。

ウィルの捜索活動をづづけるなか、各々が得た情報はお互い皆にとっても有益な情報なのに、それを共有する機会がないまま物語が進んでいったり、そんなところがまたもどかしくなり、心がくすぐられます。たくなっ

ホーキンス電力会社の実態や、政府の目的はシーズン1の中では明かされることのないまま、シーズン2に持ち越されます。その他にも諸々、シーズン1では明かされない秘密も色々。

最終話でイレブンは死んだと捉えるか、怪物とともに裏側の世界にいったのか?ここは続編への興味を持たせるための演出なのかもしれません。怪物も一体ではなく複数存在しており、まだこれから怪物がどう出てくることになるのでしょうか。

ウィルの体内には怪物の残骸が残っているということもあり得ます。それがどう話の展開につながっていくことになるのでしょうか。

「ストレンジャーシングス」のみどころ

「ストレンジャーシングス」80年代テイスト演出の秘密

80年代の風情を出すために、『ストレンジャー・シングス』はレッドドラゴンというデジタルカメラで撮影されました。そして、当時の映画撮影の特徴として本物のフィルムのノイズが映像にも足されました。

また、演出家たちもドラマ製作の話が持ち上がった時から、「E.T.」や「スタンド・バイミー」など80年代の名作映画を多数鑑賞し研究を続けました。

ということで、程よい古臭さが演出され、40代以上の視聴者には懐かしさを感じさせてくれます。この80年代テイストに対するこだわりが、現代の若者にとっては新しく、独特の世界観として受け入れられています。

目が離せない展開に時が経つのがあっという間

行方不明になったウィルを探す友人3人(マイク、ルーカス、ダスティン)と謎の少女11(イレブン)。彼らの冒険がスリル満点で展開していくドラマです。

2016年ドラマが配信してすぐに「ストレンジャーシングス」はアメリカで一躍ブームになりましたが、見れば誰もがその理由に納得し、「ストレンジャーシングス」の世界に引きずり込まれていくのでは。

よくあるストーリー展開であるように感じながらも、「ストレンジャーシングス」特有の目が離せない展開が始まります。

子役キャストの個性も演技力も抜群!!

子どもたちが主役という本作品の注目すべきところは、やはり子どもたちの魅力!

少年たちも、謎の少女も、それぞれの個性が光っています。一人一人がが本当に可愛いんです。(物語を追うごとに我が子のことのように応援してしまっている自分を発見。)

そして、昔とはちょっとちがう現代の子どもたちの交友関係のあり方に、彼らの強い友情の絆も影響を与えてくれそうな期待も!

お母さん役ウィノナ・ライダーが素晴らしい!

子どもたちも可愛いだけではありません。みんな演技派子役なのだと断言できるほど、演技力も抜群!!

演技力が素晴らしいからこそ、視聴者をすんなりとドラマの世界に引きずり込んでくれるのでしょう。キャストの演技力の良し悪しは物語に没頭できるかどうかとなる決めてとなる大切なポイントですからね。

でも、演技力が素晴らしいのは子供達だけではありません。忘れてはならないのがウィノナ・ライダーが演じるお母さん役!

愛する我が子が行方不明に?そんなありえない出来事に半狂乱する様子に、その現実にもがき苦しむ姿がさすがのアカデミー賞受賞女優です。

彼女の演技があってこそ、物語のリアルに展開していくのでしょう。ウィノナ・ライダー健在する美しさと、演技派女優のすごさは、「ストレンジャーシングス」のとても重要な見どころです。

▼▼”美人演技派女優”ウィノナ・ライダーについてもっと知たい方はこちら!▼▼

ウィノナライダーのプロフィールに生い立ち!女優のキャリアも紹介!

 


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です