秋のお肌は敏感!肌トラブルの原因とスキンケア対策

暑い夏が終わり、待ちに待った過ごしやすい秋が訪れると、心がほっと和みますね。でも、もしかしたら夏に浴びてしまった紫外線や、気温の急激な変化のため、肌のトラブルを気にしている方もいるのではないでしょうか。

秋の肌の状態は?

まず、秋の肌状態についてまとめてみます。

スポンサードリンク


  • 夏の紫外線からダメージを受けた状態で、肌の生まれかわり”新陳代謝”(ターンオーバー)周期が乱れ気味
  • 季節の変わり目のため、敏感な状態
  • 夏に浴びた紫外線の影響で肌が乾燥している
  • 外も家の中も、空気が乾燥している

 

こんな症状ありませんか?

□肌に白い粉がふく

□ファンデーションを塗るとパウダーが浮き出るなど化粧ノリが悪い

□肌がつっぱる感じがする

□小鼻のあたりがざらついている

□朝起きたときに、顔に枕の跡がついている

上記の項目に一つでも当てはまる人は、秋の肌トラブルが起こっている状態ということです。

スポンサードリンク

秋の肌トラブルが起こりやすいのはなぜ?

秋は肌のターンオーバーが乱れやすい?

肌の生まれ変わりは、正常な場合28日周期。肌の細胞が入れ替わることを「ターンオーバー」と言います。夏の紫外線など強い刺激を受けると、この周期が乱れてしまいます。

秋に発生する肌トラブルは、実は真夏に受けた紫外線からのダメージが、遅れて出てくることで、秋になって肌荒れや乾燥、ターンオーバーの乱れや乾燥、炎症などを引き起こします。

また、紫外線の影響は、シミや毛穴の黒ずみ、小じわ、ほうれいせんにも大きく関係しています。

原因を詳しく検証!

秋の肌トラブルには、肌老化現象の発生の可能性がひそんでいるということになります。

秋の肌トラブルの主な原因は…

  • 紫外線によるダメージ
  • 気温の低下
  • 暖房器具の使用による乾燥

 

夏の紫外線による後遺症とは?

色素沈着

紫外線によるダメージの一つに、メラニン生成と活発化があります。

その結果として起こるのが、シミ・ソバカスなどの色素沈着です。

紫外線を浴びてしまっても、肌の健康状態が良ければ、夏が終わり紫外線量が減ると、メラニンの生成量も通常の量に減り、 新陳代謝とともに作られたメラニンも排出されます。

肌状態が良くない場合は、 メラニンが肌の内側に残り、それが原因でシミ・ソバカスなどの色素沈着という結果になってしまいます。

肌の乾燥

紫外線によるダメージの二つ目は、乾燥です。

秋になり気温が落ち着いた頃に、 肌の乾燥に気づく方が多いのでは。

この乾燥状態は、秋の乾燥した気候からだと想像されるかと思いますが、実は紫外線がお肌の細胞に悪影響を与えた結果、 保湿機能が低下してしまったことから起こっています。

その上、暖房機器の利用により、室内が乾燥し肌の乾燥にも影響します。秋の肌は、内側からと外側からの乾燥する原因のダブルパンチを受けているのです。

秋のお肌はデリケート

秋は、過ごしやすい季節ですが、暑い夏と寒い冬に挟まれ、体も皮膚も気温の変化に対応するために必死に頑張っています。

秋になると空気は外も家の中も乾燥し、夏に比べて大きく発汗量が減ることで、皮脂の量がぐんと減少します。そして皮脂は減少、肌は乾燥する一途を辿る秋…

乾燥のせいで皮膚は敏感になり、秋は春と同様にアレルギー反応も起こりやすい時期でもあります。また、乾燥のためかゆみやかぶれの症状が現われるということもあります。

それらが原因で、秋の肌は刺激に対する防衛機能が弱まります。そして、乾燥状態の肌は外からの刺激に敏感です。

 

ということで、夏の紫外線でダメージを受け、肌が弱った状態にあると、様々な肌トラブルを招きやすい状態であるということがお分かりいただけたと思います。秋の次に訪れる過酷な冬をスムーズに迎えるためには、秋のお手入れが勝負とも言えます。

  • 紫外線からのダメージを修復
  • 乾燥肌対策をし潤いを与える。

この2点は、秋のお肌のお手入れのキーワードです。秋にスキンケアを怠ってしまうと、冬が来た時に肌のトラブルはさらに進行し、肌の老化が加速するという恐ろしいことに…

秋のお手入れは、美肌を手に入れるために、とても大切なので毎日意識して行いたいですね。

スポンサードリンク

秋のお肌のお手入れ方法

秋の肌トラブルを解消するために大切なのは、第一に基礎スキンケアが重要。以下の3つを気をつければ、あなたのお肌は元気さを取り戻せるでしょう。

  • やさしく、丁寧に洗う
  • 整える
  • 紫外線対策

 

やさしく洗う

敏感な状態のお肌にさらなる刺激を与えないように、やさしく丁寧なクレンジングや洗顔が必須です。朝晩、ぬるま湯でお肌にあったクレンジングや洗顔料を使って洗いましょう。熱いお湯や冷たい水は、お肌にさらなる刺激となるので避けましょう。

整える

乾燥状態、そして敏感になっているお肌を整えてあげましょう。夏の間は化粧水だけでさっぱり過ごす方も、秋のお肌は潤いを求めています。

乳液、そしてクリームでしっかり潤い補給してあげましょう。油分を含んだ化粧品(乳液やクリームなど)により 肌に潤いのベールを作ることで、水分の蒸発させず潤いを保つことができます。

元気な皮膚は、皮脂や汗からつくられた自然の皮脂膜によって肌の潤いをキープし、外からの刺激から肌を守っているのですが、秋の肌の皮脂の分泌量はかなり少なくなっています。

特に洗顔後は皮脂膜がない状態です。洗顔後すぐに、化粧水+乳液(必要に応じて+クリーム)で、潤いをたっぷり与えてあげましょう。

また、保湿機能のある美容液を一緒に使うことで、さらに肌の水分量維持率がぐんと高まります。

肌を柔らかく滑らかにもしてくれる美容液は化粧のりにも変化を与えてくれます。普段美容液を使用しない方も、秋〜冬にかけてのお肌の乾燥対策に、美容液は一躍買ってくれますよう。

 

紫外線対策

紫外線は夏に強いというイメージが強いですね。でも本当は、多少の差はありますが、春秋冬の間も夏とほぼ同じ量の紫外線が降り注いでいます。

紫外線予防は1年を通していつでも必要です。また、曇りの日や雨の日でさえも、紫外線はゼロではないので、毎日のお手入れの基本としてくださいね。

紫外線の中でもUVAは1年間通じて、かなりの量が降り注いでいます。 夏に多いUVBは、肌に炎症を起こさせますが、UVBは炎症などを起こしませんが、静かに肌細胞に悪影響を与えます。

紫外線対策は、年間を通して毎日行うことがオススメです。SPF20 PA++以上のUVケアをしましょう。

日焼け止めクリームでなくとも、UVカット成分を含んだBBクリームや、乳液、クリームでももちろん大丈夫です。

 

プラスアルファーの秋のお手入れ

私のオススメはマッサージです。肌への刺激を与えないために毎晩のお手入れにマッサージをプラスしてみませんか。マッサージオイルやマッサージクリームなどを使って優しくマッサージしてみてください。

秋のお肌を整えるためには、紫外線で傷ついた肌細胞を修復することが必要ですが、マッサージには、細胞を整え活性化させてくれる働きがあります。

肌細胞が健康を取り戻すと、新陳代謝(ターンオーバー)がスムーズに行われ、秋に減少しがちな脂質が適度に増加し、潤いが戻ってくることが期待できますよ。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です