【Produce48】7話(7/27ep7)ポジション評価結果速報とボーカル・ダンス1位と全体順位!パフォーマンス動画も!

【Produce48】7話 (ep7)では、6話の続きのポジション評価が行われました。各グループパフォーマンスのポジション評価と、ボーカル、ダンスグループでの1位(ベネフィット105000票の獲得者2名)になったのは誰なんでしょう?第7話で放送されたポジション評価後半のパフォーマンス動画とともにその結果をお伝えしていきます。

スポンサードリンク


【Produce48】ポジション評価ルール

メンバーはボーカル課題曲5曲、ダンス課題曲5曲より、1曲を選び同じ曲を選んだメンバーと課題曲に挑戦します。

課題曲選びは少々複雑なルールがあり、順位の低いメンバーは希望する曲を選ぶことができない仕組みとなっていました。課題曲選びのルールは以下の通りです。

ポジション評価グループ結成方法

●希望を言えるのは13位から始まり順に〜57位の練習生までの課題曲決定。

*各課題曲には定員がある。

●その後1〜12位の練習生が定員に関係なく希望を言える。

●定員オーバーになったグループは順位の低い者が追加曲へ移動させられる。

【プロデュース48・ポジション評価】順位とベネフィットのルール

【プロデュース48】ポジション評価でも、グループバトルの時と同様、投票結果の順位によりベネフィット(ボーナスポイント)が与えられます。

ベネフィットのルールは以下の通り。

ポジション評価・ベネフィット票

◆同じ課題曲を披露したグループ内の1位の練習生に5000票

◆同じポジション内の1位の練習生に10万票

勝者には大きなベネフィット票が与えられるということで、グループ内で1位を取ろうとみなさん必死です。そのためのセンター争奪戦も繰り広げられたり、グループパフォーマンスでセンターを務めたメンバーは遠慮して他のメンバーに譲ったりということも。

順位のつけ方は、各グループのパフォーマンス終了後に順位のみが発表(今回は、グループバトルの時とは違い、順位結果のみで得点は発表されませんでした。)。

スポンサードリンク

【Produce48】7話ポジション評価・グループパフォーマンス結果

ポジション評価パフォーマンス前半(6話放送分)動画はこちら▼

【プロデュース48】6話(7/20)ポジション評価の結果速報!順位と感想まとめ!

Girls’ Generation/Into The New World

リーダーを務めてメンバーをまとめ上げたチェウォンちゃんが1位となりました。

メインボーカルをキリンちゃん(ホユンジンちゃん)に譲り、ユンジンちゃんが務めました。

 

グループの練習中審査の様子はこちら↓なかなかボーカルがうまくいかず悪戦苦闘していたメンバー達…。

ソユ先生のお手本の歌声がきれいすぎて聞き惚れてしまいます!

HandClap / Fitz & The Tantrums

日本人メンバー4人と韓国人メンバー2人のグループでパワフルなステージを作り上げました!

1位となったのは村瀬紗英ちゃんでした!おめでとうございます!

エネルギーあふれる元気なステージとなり、みんな驚きが隠せない様子でしたね。先生方も納得の素晴らしいパフォーマンスでした!

 BTS/The Truth Untold

こちらのチームは、希望する課題曲から追加曲に追いやられてしまった結果結成されたグループです。悪い言い方をすれば余り物グループ(こんな言い方してごめんなさい!)なんですが、6話でのメリクリ班が同様の追加曲グループからも素晴らしいステージを披露したことからも、このBTS班からも目が離せません!

メインボーカルが不安定すぎるという先生方から言葉により、努力の成果でパフォーマンスを立派に仕上げました。最高のステージとなりましたね!

1位はなんと、宮崎美穂ちゃん!おめでとうございます!
竹内美宥ちゃんの4位には不服の声が多そうです…。
ギュリちゃんもとっても素敵でしたね!頑張り、メインボーカルとしてやり遂げました〜。

Little Mix /Touch

練習チェックでは、「ちゃんとグループで合わせたの?全くダメで驚いた。」とまで言われてしまいましたが、本番では期待通りの素晴らしいパフォーマンスに仕上がっていました!

「ウニョンがいなかったら何もできなかったから1を私がもらっても良いのか。」」と泣いてしまったキム・ミンジュちゃん。それが国民投票なんです。ウニョンちゃんの努力もちゃんと認められた上で、投票されあのだから素直で喜んでいいんだよ〜、と言ってあげたい。

Jax Jones/Instruction

https://twitter.com/Produce48Pickup/status/1022865116427997185

Black Pink/DDU-DU DDU-DU

朱里ちゃんってみんなをまとめるのが上手な姉御肌タイプだったということを知りました。(今までおとなしくついていくタイプと思っていたのですが。)

センターがラッパーをするべきという意見にみんな同意!

落ちるとしても最後まで挑戦する!一度はセンターになりたいです。」

ボーカル課題曲のグループでありながらかっこいいステージを作り上げたいと、ダンスにも挑戦しようとしたり、「観客の呼応を求めたい」とか、「ボーカルに集中するべきではないか」という意見が出たり、それぞれが意見を出し合いながら、良いステージを仕上げたいという気持ちが合わさりました。

ビビアンちゃんの韓国語が褒められたてましたね。日本人メンバーの表現力も褒められてました。

先生方は「ドアが目立たないと!」と期待していました。

本番でも「昨日のリハーサルより良くなった!」「ドアよかった!」という嬉しいコメントも出てきましたね!

スポンサードリンク

ダンスポジション・ボーカルポジション1位は誰?

さて、大きなベネフィット(10万票)が得られる、各ポジション1位となるメンバーをお伝えします。

ボーカル&ラップポジションの順位1位

◆ハン・チョウォン◆

ハン・チョウォンちゃんが 105585票でダンスポジション1位を獲得しました。

チョウォンちゃん、信じられないというお顔ですが!?おめでとうございます!!

チーム内1位のベネフィット5,000票に加え 部門1位に各々ベネフィット100,000票獲得しました。

ダンスポジションの順位1位

◆村瀬紗英◆

村瀬紗英(NMB48)が 105477票でダンスポジション1位となりました。

人気投票40位からポジション評価で1位とは、紗英ちゃんお見事!快挙です!

チーム内1位のベネフィット5,000票に加え 部門1位に各々ベネフィット100,000票獲得しました。

7話まとめとポジション評価の全体順位

ボーカルポジション1位のハンチョウォンちゃん、ダンスポジション1位の村瀬紗英ちゃんが、

ベネフィットの10万票と、グループ内1位の5000票、合計10万5000票をゲットしました。

この表に人気投票の票が加算されます↓結果は来週の、第8話で発表されます!
(こちらはベネフィット加算前の票数です。)

8話〜は人気順位発表式とコンセプト評価

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です