スポンサードリンク

テイラー・スイフト2017新曲MVに込められた意味深なメッセージとは?

最近、世界的に人気のアメリカの歌手テイラー・スウィフトは新しいシングル、”Look What You Made Me Do”のミュージックビデオをVMA (2017 MTV Video Music Awards)で発表しました。

スポンサードリンク

アルバム大成功の裏側

実は、今回のテイラーの新曲ミュージックビデオの発表の裏では茶番劇が繰り広げられていました。シングルのPV(予告)をアップした時から

「ビヨンセの”LEMONADE”のアルバムをコピーした。」

「キムカーダシアンの強盗事件をバカにしているのでは。」

などとテイラーは疑われていました。

 

参考までに、テイラーのミュージックビデオ監督を務めたJoseph Kahn氏は、比較されたBeyoncéの作品との類似点についてコピーではないとはっきりと否定しています。

私はビヨンセと数回働きましたが、彼女は素晴らしい人です。 #LWYMMDvideo ”Look What You Made Me Do” はビヨンセのミュージックとは一切関係ありません。 Bey(ビヨンセ)への愛と敬意を込めて。

Joseph Kahn氏のTwitterコメントより

スポンサードリンク

話題となっているミュージックビデオのシーン

昨年2017年10月に、アメリカのテレビショーパーソナリティ兼モデルであるキム・カルダシアン・ウェストが彼女のパリのホテルの部屋の中で拳銃で拘束され、1000万ドル以上のジュエリーを強盗犯に奪われたという事件があり、ニュースが大きく取り上げたことがありました。

その時泥棒たちは彼女の口をふさぎ、からだを縛り、バスルームの浴槽に置き去りにしたそうです。

そして、その事件の後にテイラーが発表した今回のミュージックビデオの中で”宝石でいっぱいになったバスタブにテイラーが座っているシーン””について多くの人が、テイラーががキム・カーダシアンのの強盗事件から思いついたアイデアなのではないかと疑いをかけました。

ですが、実際のところ、テイラーが故意にその事件を元にバスタブのシーンを作ったかどうかの真相は分かっていません。

このビデオシーンは、2016年にメディアに作り上げられたテイラー像を表しているようにも見えます。

メディアが作り上げたテイラー像についてはこちら↓

テイラーのコメント

“For the last couple of years the media has had a really wonderful fixation on painting me as this ‘psycho serial dater girl’ ”

訳:「この数年の間、メディアは「サイコ(気違い)・シリアル (連続)・デート・ガール」のように私のことを描写することを楽しんできました。」

“Like, she jet-sets around the world, collecting men, and she can get any of them, but she’s so clingy that they leave, and then she gets another one in her web, and she traps them, and locks them in her mansion, and then she’s crying in her marble bathtub surrounded by pearls.”

訳:「メディアは、私が世界中を旅し、男性を集めている、テイラーなら誰でも落とせるで、でも彼女の厳格な性格のせいで男達が男たは逃げていく。そして、新しい恋人を探しマンションに確保し、真珠に囲まれた大理石のバスタブで泣いているなどと言う噂を広めています。」

1ドル札の意味

また、テイラーは2013年に”meet and greet” サイン会後に、司会のラジオDJからの性的暴力に対して1ドルを訴えました。

テイラーのバスタブのシーンの1ドル札(この記事のトップ画像かビデオの37秒の辺りをご覧ください。テイラーの向かって左側肩の横に1ドル札が宝石と一緒にバスタブにの1ドル札が置かれています。)は、テイラーの最近の性的暴力裁判を持ち出しているのでは?とメディアは伝えています。

このミュージックビデオでは、テイラーが過去に受けた嫌がらせや事件等を密かに表している復讐だとも思われています。この曲の歌詞からもそのように想像できますが、実際にはどうなのでしょう。

今回の曲で大きくイメージチェンジを果たしたテイラーですが、これからテイラーがどんな方向に進んでいくのかにも注目が集まっています。

 

メディアの影響もテイラーの利益に貢献!?

ミュージックビデオがリリースされてから、24時間以内にミュージック界界で、最高の視聴回数で世界記録を破りました。

ビデオのリリース前のメディアによる情報が広まり、一部では新曲への反応が心配されましたが、結果としてテイラーへの利益につながりました。

ミュージックビデオで最高視聴率!


テイラーの今回のミュージックビデオでの最強の記録は、これまでの最高記録であるAdele (アデレ) の”Hello”の動画リリースから最初の24時間で2770万というYouTube視聴率達成を超えました。テイラーのミュージックビデオ「Look What You Made Me Do」はリリースから数時間の内にその記録を上回り、24時間以内の再生回数は3900万ビューを達成しました。これはAdeleの記録を約1200万上回っています。

それだけではありません。このビデオだけがテイラーの今回のミュージックビデオの最高記録ではないというとの事です。”Look What You Made Me Do”の歌の歌詞ビデオ(テイラー本人の姿は見せない、歌詞を中心にしたミュージックビデオ)も同様に、24時間のビデオの再生記録を打ち破ったのです。((この歌詞ビデオは、1900万回の再生を上回りました。))

さらに、”Look What You Made Me Do” はSpotify(ミュージックダウンロードアプリ)でも最高記録を突破しました。

この曲は最初の24時間以内に約800万回再生され、また、テイラーのベストフレンドである、人気アーティストEd Sheeranの曲「Shape of You」の再生回数を突破しました。(Edの「Shape of You」はアップされてからの最初の24時間内に約700万回も再生されました。)

テイラーにとっても、”Look What You Made Me Do”は、最高記録突破の傑作とされています。

最後に

私も初めにテイラーの新しいシングルの歌詞オンリー動画を見た時からミュージックビデオがどんなものになるのかが見たくて楽しみにしていました。今までのテイラーの可愛いカントリースタイルのラブソングやらとは全く違い、曲の雰囲気からして新しいテイラーを発見したみたいでした。

今までとは違うテイラーを見て、メディアが騒ぐのも当たり前のように思いますが、それでも予想を上回るほどのヒット曲となり、かなりびっくりしています。Taylor、すごいですね!

新しいテイラーに関しては、賛否両論のようですが、個人的には私は素敵だと思います。


スポンサードリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です