スポンサードリンク

そろばん教室に子供を通わせる効果とメリットは?お月謝はいくら?

お子さんが小学校に入ると、やはり学習関連の習い事が気になり始めますね。せっかく習い事をさせるのであれば、少しでも役立つことを選びたいという親御さんも多いようです。

数字に強い子になってもらいたい、という親御さんの意向もあり、脳を鍛える効果があり、暗算が得意になるといわれるそろばん教室が人気です。

今回は「そろばん教室」について、効果やお月謝などの情報をまとめて見ました。

スポンサードリンク

そもそも”そろばん”とは?

そろばんとは、実は東洋だけでなく、西洋でも伝えられた昔ながらの計算器具です。

そろばんは、漢字で書くと「算盤」「十露盤」「珠算」などと表現されます。

小学校では、必須学習事項として、小学校3年生で必ずそろばんの授業が組み込まれます。

「読み・書き・そろばん」とは?

コンピューターが普及した現代でもそろばんは役立つのかという疑問もありますね。

「読み・書き・そろばんとは、昔から人が身に付けるべき大事な能力と言われてきました。

コンピューターでいうと、「読む」は「入力」、「書く」は「出力」、「そろばん」は「演算(判断・処理)」に相当します。

演算というと、考える力、判断する力、経験から予想や予測する力。創造する力。

ということになり、コンピューター主体の現代だからこそ、正しく予想したり判断したりする力を養う必要があるのではないか、ということでそろばんへの注目が高まっています。

スポンサードリンク

 

そろばんの子供の脳への効果は?

そろばんを習うことで第一に期待できるのは、計算能力が上がるということです。

計算のスピードが上がり、暗算の力も身につきます。

そろばんを習うと、計算能力の向上以外にも様々な効果がありますので、以下に紹介したいと思います。

そろばんの効果

集中力が上がる

そろばんを習う際には、スピードも大切になりますし、読み上げ算の際には集中して数字を聞き取るということも必要です。自然と集中する力が高まります。

右脳が活性化される。

人間は皆、普段の生活では左脳よりに物事を考えていますが、そろばんをする際には普段あまり使われることなり右脳も使います。

「右脳」に刺激を与えることとなり、想像力、直観力、空間認知能力、芸術性などが高まります

記憶力が上がる

そろばんでは、ビジュアルイメージを脳に焼き付けながらトレーニングを行いますので、記憶力が自然と高まります。

想像力や発想力が高まる

そろばんで指先を素早く動かすことが、脳に刺激を与えます。

生後12ヶ月以降は減少してしまうと言われる神経細胞同士を繋ぐシナプスを増やすとまで言われているそろばん。

一見関係ないようですが、想像力や発想力が高まり、アイデアやひらめきが生まれる脳となることが期待できます。

 

 

そろばんを始めるおすすめの時期は?

脳に良い効果が期待できるそろばんですが、もたらすそろばんですが、いつ頃から始めるのがいいのでしょうか。

日本珠算連盟によると、幼稚園から小学校低学年頃の年齢で習い始める子が多く、近年そろばん人気の高まりにより、低年齢化しているそうです。

計算に興味を持ち始め、少なくとも30分間は座っていられるくらいの集中力がついてからが良いでしょう。

早い場合で幼稚園年長ぐらいからですが、学校の授業でそろばんを習う3年生になる前の低学年でそろばんを習い始めることがおすすめです。

お子さんの興味が薄い状態で始めてしまうと、かえって算数嫌いにしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

そろばん教室のお月謝はいくらくらい?

まずはお住いの地域で、通える範囲の場所にそろばん教室があるかを確認して見てください。

日本珠算連盟の「そろばん教室・珠算塾検索」で、簡単に検索することができます。

そろばん教室のお月謝は授業回数は教室によって違いますが、基本的には、より習得を早める為に週に2回以上通うことを勧める教室がほとんどです。

お月謝も幅がありますが4,000〜10,000円くらいが相場となります。


スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です