スポンサードリンク

子供のバレエの習い事は何歳から始める?かかる費用や効果とメリットは?

女の子に人気の習い事のバレエ。チュチュを着て踊る姿を想像するだけで、親御さんの方もワクワクしてしまいますね。でも、バレエにはお月謝や発表会、そして必需品の準備などで高い費用がかかるというイメージもありますね。

そこで今回は、子供にバレエを習わせるなら何歳から始めるのが良いのか、バレエ習う効果やメリット、そして費用はどれくらいかかるのかなどをお伝えして行きたいと思います。

スポンサードリンク

バレエを習い始めるのに良い時期は?

バレエを習わせるのに、決まりはありませんが、お教室によりスタートできる年齢の設定には違いがあるようです。

幼い頃は先生のお話を聞いて指示に従うことすら難しい年齢ということもあり、2~3歳のクラスはお母さんと一緒に参加する、主に音と体を結びつける感性を養うクラスを設けているところもあります。

お子さんだけで参加できるクラスの設定としては、3歳以上を対象年齢にしているところが多いようです。

 

3歳ともなれば幼稚園に通える年齢ですので、先生の話を聞いて指導を受けられる時期となるという理由からのようです。

また、バレエという基礎がとても大切で、柔軟性も必要とする舞踏だという特性上、いつまでにスタートするべきという決まりはないものの、遅くとも小学校中学年までにスタートすることが望ましい習い事です。

習い始める時期の目安としては、先生の言うことが理解でき、指示に従い、グループレッスンの妨げにならずに集団行動ができることとなります。

子供向けバレエ教室の幼児クラスの最初のレッスンでは、基本的な姿勢や手、足のポジション、ジャンプや回転の仕方などの基礎レッスンが中心になります。

また、バレエは集団のなかで学ぶものなので、「何歳から」という年齢よりも、先生の言うことが理解でき、集団行動ができることが一つの目安になります。

スポンサードリンク

バレエを習う効果やメリット

バレエを習うことで身につくことやどんな効果が期待できるのでしょうか。

姿勢が良くなる

バレエでは、小さな頃から基本的な姿勢を学びます。バレリーナを想像してもわかるように、背筋がピンっと伸びてシャンとした美しいラインが特徴的ですね。それは、踊っている時だけでなく、座って先生の話を聞いている時も、歩くときも、常に美しい姿勢で過ごすことが求められる為、自然と良い姿勢、そしてしなやかな立ち居振る舞いまでもが習得できます。

感性・リズム感が身につく

クラシック音楽に合わせて優雅に踊るバレエでは、体と表情を使って伝えたいことを表現するという表現力と芸術的な感性を身につけることができます。

またバレエは、すべての踊りの基本とも言われます。基礎の習得が厳しいバレエを習っていると、音楽に合わせて体を動かすというリズム感も身につきます。

協調性が身につく

集団でレッスンを受け、舞台に立つときも人と一緒に一つの舞台を作り上げるということから協調性を身につけることができます。また、同学年の子だけでなく、上下の幅広い年齢層と関わることができる習い事であるということもあり、年上の人の見本をお手本にしながら、年下の子には親切に接するということも学べます。

人見知りが解消できる

舞台の上に立って踊りを披露する機会があるバレエでは、内気で人見知りの子が自分自身に自信を身につけることができるチャンスも沢山あります。

中には、舞台で踊るという経験をした後に人見知りが解消されて積極的な子になった、と驚かれる親御さんもいるようです。

バレエを習う費用は高額?

たくさんの効果やメリットがあり、チュチュを着て踊る姿を想像するだけでも幸せになれそうなバレエですが、現実的に習う為にかかる費用も知る必要がありますね。

お月謝に関しては、教室にも年齢によっても、またレッスンの回数によっても幅があります。

1ヶ月4000円〜のところから20000円以上かかるところもあります。

お月謝に関しては、年齢が上がり週のレッスン回数が増えるにつれ上がるという傾向はあるものの、ほかの習い事と大差はないのが実情です。

バレエ用品に関しても、バレエシューズでレッスンを受ける間は、バレエシューズ(2000円前後から各種)とレオタード(3000円前後から各種)が必要なだけで、トウシューズを履くようになると(小学校中・高学年以降)トウシューズにかかる費用が加わります。

その頃になると真剣にバレエを続けている子が大半で、そうなると週のレッスン回数も多いと5~6回通うことになります。お月謝の設定はお教室により違いますが、良心的な設定のところでも15000円はかかるでしょう。

また、バレエを習う中で一番費用がかかるのは発表会の出演料です。こちらも、ソロを踊る年齢になると上がる傾向があるようですが、2万円〜10万円ほどと年齢やお教室により違います。

バレエ教室の選び方

バレエ教室にも様々な教室があります。

バレエの楽しさを広げるという目的の気軽に参加できるお教室から、小さい頃から本格的な指導をし、バレリーナを養成することを目的としたお教室まで様々です。

お子さんがバレエを長年続けることになっても、通うことができる範囲の中でお教室をピックアップし、そこの先生に実際にお教室のコンセプトや気になることを伺って、お子さんにぴったりのお教室を探されることをおすすめします。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です