スポンサードリンク

鏡開きはいつ?関東と関西での違いと由来や意味を紹介!

”鏡開き”というのは、お正月に年神様にお供えをしていた鏡餅を下げて食べる風習のことを言います。鏡開きにはどんな意味があるのでしょうか。供えて、開いて、食べてこそ意味があると言われる鏡餅の由来や意味を詳しく検証し、知っているようでよく知らない鏡開きの意味やマナーなどをまとめてみました。

スポンサードリンク

鏡開きはいつ?

鏡開きは一般的には1月11日か1月20日と定められています。

その違いは地域によるもので、関東地方と関西地方で1月15日か1月20日に鏡開きが分かれます。ということで、必ずしも全国で一斉に鏡開きをするというわけではありません。

元々鏡開きの日取りは、“松の内〟の後という決まりがありました。

松の内というは、門松やしめ縄を玄関に飾っておく期間の事を言い、その間は年神様が家にいる時期だと考えられています。

そこまでは一般的な決まりなのですが、関東と関西で鏡開きの日に少し違いが出てくる歴史的背景を説明したいと思います。

関東地方での鏡開き=

徳川家光が4月20日に亡くなったことから、関東地方では20日を忌日として避けるようになりました。そうして、鏡開きの日を1月20日から1月11日に変更しました。

鏡開きの日にちの変更に伴い、関東地方では松の内も1月7日までとなりました。

関西地方の鏡開き=

関西地方では、関東地方と違い徳川幕府の力が強く影響しないため、元来の鏡開きの日をそのままにし、1月20日を鏡開きとする地域が多くあります。

スポンサードリンク

鏡開きの由来と意味は?

お正月の間、年神様の居場所になっているのが鏡餅ということをご存知でしょうか。

そのため、年神様がいらっしゃる松の内の間は鏡餅を飾り、松の内が過ぎてから下げて食べることで、年神様をお送りすることができます。

鏡開きでは、年神様の魂が宿っている神聖な鏡餅を家族や親戚と分けあって食べることで、神様から1年分の力を授けてもらい、1年間の家族の無病息災を願います。

そのため、鏡餅はお正月に供え、開いて、そして食べてこそ意味があるのです。

鏡開きのマナーは?

中には鏡餅を下げる事が鏡開きだというように解釈されている方もいらっしゃるようですが、正しい鏡開きは、お餅を下げるだけではなく食べる事が重要です。

ではなぜ鏡餅を食べるということが重要なのでしょうか。

日本では、古来から神様にお供えした物を食べることで、神様との繋がりを強め、神様からの神聖なお力を頂けると伝えられてきました。

そして、鏡餅を食べることは無病息災を願う意味が込められているということから、鏡餅を食べるということが重要なのです。

また、鏡開きをする際に気をつけなくてはいけないことがあります。

というのは、包丁等刃物を使って鏡餅を切り分けてはいけないということです。

鏡開きで、年神様にお供えしていたものに刃を向けるというのは大変な失礼とされ、昔からの風習で鏡開きの際いには木槌などでお餅を叩いて割っていました。

そこから鏡開きのことを別名”鏡割り”と言います。

ただ、「割る」という言葉を用いるのは聞こえも良くないですし、縁起も良くないということから、「開く」という言葉が使われ、「鏡開き」と呼ばれるようになりました。

そうやって小さく割分けられた鏡餅を油で揚げ、かきもちを作るのが毎年の鏡開きの楽しみだというご家庭もあるようです。

私はその揚げたてをいただきもので食べさせていただいたことがあるのですが、最高に美味しい日本の味が今でも忘れられないほどです。

最近の鏡餅での鏡開き

最近の鏡餅は、鏡餅の形をしたパッケージの中に、いくつもの個別包装された小さなお餅が入っているという主婦の時短にありがたい商品が売られていますね。

主婦には嬉しい時短な商品ですが、子供達には日本の風習をつないでいきたいものです。小分け包装されたお餅でも良いので、小槌や金槌でお餅を叩いて開き割るというミニイベントをご家庭で開催されるのも良いですね。

お餅が固すぎて割れない場合は、お餅を半日ほど水に浸けておいてから試してみてくださいね。

ぜひお子さんにも、鏡開きの伝統を伝え、日本ならではの風習をつなげていきたいものですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です