スポンサードリンク

涙袋を自力で作る方法は?整形なしで出来る理由は筋トレとマッサージ?

綺麗な人は涙袋がぷっくりしている人が多いようですね。美人の条件としてあげられる条件の中に”涙袋”も入るようです。

「涙袋が欲しい!」でも「遺伝だし整形以外で顔を変えるなんて無理。」だと思い込んでいる方が多いようです。

でも、実は涙袋は自力で作れるのです!整形なしでも自宅で涙袋を作る方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

涙袋とは?

美人といわれている芸能人の中にも自然な涙袋があるということで、涙袋への憧れが高いですね。涙袋メイクという、メイクで涙袋を演出するという裏技も使われているくらいです。

そんな憧れる人の多い涙袋について、正しく理解するところから入っていきましょう。

 

涙袋=目のすぐ下の、下まぶたに添ったふくらみのこと。

”別名:涙堂(るいどう)といい、このふくらみはホルモンが詰まってできていることからホルモンタンクと呼ばれることもある。

 

涙袋がない人は、

  • 目の下の皮膚が厚い
  • 目の下のたるみのせいで涙袋が隠れている
  • 眼輪筋が発達していない

という条件に当てはまる方が多いようです。

一般的に、目の大きい人や頬骨があまり張っていない人ほど涙袋は大きい傾向にあるようです。

スポンサードリンク

涙袋の効果とは?

涙袋があると目が大きく見えたり、可愛くみえたり目の周りがスッキリみえたりと、特に女性にとっては顔の中でもあなどれない大事なパーツです。

この涙袋をぷっくりと見せることで、

目が大きく見え、はっきりするだけでなく、小顔に見える効果もあります。涙袋の膨らみがあると、目から下から口までの部分が短くみえることから小顔効果に繋がるのでしょう。

眼輪筋を鍛えると嬉しいことがいっぱい!

眼輪筋というのは、目のまわり全体を覆っているドーナッツ状の筋肉のことを言います。日常生活ではあまり使われない筋肉なので、意識しないと衰えやすいのですが、涙袋も眼輪筋を鍛えることで発達します。

笑ってできる涙袋も、目の出っ張りによって、眼輪筋の輪郭が浮き出るためです。

眼輪筋を鍛えると涙袋が発達すること以外にも嬉しいことが!

  • 一重だった目が二重になることも!
  • 目が大きくなる!…目の周りのたるみが眼輪筋を鍛えることでハリがでるため、若々しく変身させ目力アップにも繋がる!

 

筋肉トレーニングで涙袋を作る方法

では、涙袋の膨らみへと繋がる眼輪筋を鍛える筋肉トレーニングを紹介していきたいと思います。

方法1.

両手でピースサイン作ります。
中指を目頭に、人差し指を目尻に置いて、少し圧力を加えて目の周りの肌を張った状態を作ります。

その状態でか、顔は正面を向き、顔を動かさないようにして上目遣いをしてみましょう。2本の指で目の上下の筋肉が動いているのを意識しながら行ってみましょう。

方法2.

あごを引いて、顔の位置を変えずに、下まぶたに力を入れることを意識しながら目線を正面→さらにやや上方向へと上げていきます。

そして、下まぶたに力を入れてみてください。そうすると、自然と薄目を開けた状態になるはずです。この薄めの状態を10秒間キープします。


*鼻の下を伸ばしながらやるとほおに余分な力が入らず、下まぶたの動きに集中することができます。

方法3.

ウインクで筋肉を鍛える方法です。

目に力を入れて、強めのウインクをします。

そして10秒間キープ。
このとき、頬の筋肉を動かさないように、目の周り(特に下まぶたの筋肉)を使うことを意識すると効果的です。そう意識することで、下瞼の筋肉をよく使ことになり、涙袋の周辺の筋肉が鍛えられる事になります。

 

方法4.
上まぶたを人差し指と中指で上に軽く持ち上げ、上まぶたが降りてこない状態を作ってまばたきをしましょう。
このとき、下まぶたでまばたきをする感覚で行って下さい。

マッサージで涙袋を作る

マッサージのやり方はとても簡単!疲れ目を癒す効果もあるので、ぜひ寝る前に行ってみてください。

目の下側の涙袋マッサージ

目の下側の骨に沿って(涙袋ができる位置の下にある骨)に指をあてて上にやさしく、涙袋を作るような感じで押し上げるだけです。人差し指と中指を使い、目の下がぷくっとなったところで3秒キープしてから指をはなします。

このマッサージを目の下側全体(目頭から目尻まで)をくり返し行います。

ワセリンやマッサージオイルで肌に潤いを与えながら、このマッサージをすると効果がアップします。

おでこのマッサージ

両手の親指以外の4本指を使い、おでこ全体をくるくるとマッサージしてみましょう。

両側のこめかみからスタートしておでこの上側(髪の生え際のあたり)を通って中心へ向かいます。センターで下ろして、眉毛の上を通ってこめかみに戻るという形で円を描きましょう。

目の周りの皮膚も一緒に動くのが感じられると思います。おでこマッサージをすると目の周りがスッキリするのとリラックス効果もあって一石二鳥!ぜひプラスしてみてください。

涙袋を作る筋トレ&マッサージの注意点

目や目元はデリケートです。傷をつけないように、くれぐれも優しく行いましょう。

特に爪が長いと危険ですのでお気をつけて行ってください。

効果が出るまでの期間

ウインクもマッサージも、毎日行なった場合で大体1ヶ月ほどで効果がでるようです。早い人では、1週間で効果がでた!という人もいるようです。

 

まとめ

空いている時間を使って簡単にできそうな、筋トレやマッサージでぷっくり涙袋ができたら嬉しいですね。こんなにお手軽にできる方法ばかりなので、ぜひお試しください。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です