スポンサードリンク

大須観音の初詣2018混雑状況と除夜の鐘つき券について!商店街グルメ情報も!

名古屋市民ならだれもが知っている大須観音。入試合格、学業成就、厄除け、家内安全、身体健康、商売繁盛など様々なご利益が頂けることから人気のある初詣スポットです。名古屋の大須商店街という大きな商店街に位置しているということもあり知名度が高く、初詣の時は特に多くの参拝者が訪れます。一年を通して賑わいを見せる大須観音ですが、初詣の時期は特に賑わい例年の参拝客は約30万人ほどで、商店街から境内まで行列ができるほどです。今回はそんな大須観音の初詣を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

大須観音の初詣 2018基本情報

住所:愛知県名古屋市中区大須2-21-47

電話番号:052-231-6525

参拝時間;大晦日から元旦は夜通し参拝可能
それ以降通常の参拝時間 6:00~19:00

ご利益:受験合格、学業成就、厄除け、家内安全、身体健康、商売繁盛

例年の人出:約50万人

大須観音へのアクセス方法

【電車の場合】
地下鉄鶴舞線・大須観音駅から徒歩3分

【バスの場合】
名古屋駅から⇒名鉄神宮前行き(18系統)に乗車し大須観音で下車
栄駅から⇒金山行き(中巡回系統)に乗車し大須観音で下車
金山駅から⇒栄行き(中巡回系統)乗車し大須観音で下車

【車の場合】
名古屋高速白川I.C.より車で2分

駐車場情報

大須観音には遠方からこられる人も多く、車で初詣に来られる方も多いようです。

大須観音には専用の駐車場はありませんが、大津通り沿いには多くの有料駐車場が点在しています。

料金は大体30分100円と良心的なところが多いようです。

スポンサードリンク

大須観音の初詣混雑状況

名古屋市の中でも大須観音は熱田神宮に次ぎ2 番目に人気のある初詣スポットですので、お正月三が日はかなり混雑します。

中でも一番の混雑は大晦日からお正月にかけての夜間の参拝です。大晦日〜元旦にかけての夜の参拝は混雑覚悟で行ってくださいね。

そして、三が日の昼間も相当な混雑ぶりですので、少しでも空いている時間を狙って初詣がしたいという方は、2日か3日の夕方4時以降、または4日以降の参拝をおすすめします。

大須観音初詣のみどころとは?

除夜の金がつける(108人限定)

有料になりますが(鐘つき券1枚1,000円)、早い者勝ち108人の方は除夜の鐘を突くことのできす。

鐘つき券は、当日ではなく12月中旬に販売されます。 

毎年販売開始数日で売り切れ になるほど人気がありますので、除夜の鐘つきたいという人は早めに大須観音にてご購入ください。

大須観音の除夜の鐘は1/1午前0時から108回鐘がつかれます。

屋台・商店街のグルメ情報

初詣といえば、一つの目的は屋台グルメという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

大須観音へ参拝する際には、商店街のグルメと一般的な屋台と両方のお楽しみがあるというのも特徴です。

大須商店街はB級グルメでも有名なほどで、それらに対抗することを避けている屋台も多いのか、参拝者数に対して心なし屋台数が少ないようです。

以下のような名古屋の名物を含んだB級グルメを楽しむことができますので、美味しいものを堪能してくださいね。

・どて串
・焼き鳥
・ベビーカステラ
・肉巻棒
・たこ焼き
・お好み焼き
・焼きそば
・味噌カツ

大須商店街にはB級グルメのお店の中でも、口コミで特におすすめされているのがこちら。

大須の名物。「李さんの台湾唐揚げ」です。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です