スポンサードリンク

2018年春夏トレンドメイクのやり方とおすすめ化粧品アイテム!

メイクも毎日していると自己流メイクというものが仕上がってきますね。それはそれで心地よいものになるのですが、ちょっとした変化も楽しみたいという思いも…。その時々の流行りのメイクアップから自分に合ったものをちょっとづつ取り入れる!そんなメイクのおしゃれを楽しみたいものですね。

今回は2018年春夏トレンドのメイクアップを先取りしてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

2018春夏トレンド基本のベースメイクは?

お肌のベースメイク。どんな肌質に仕上げるのが2018年春夏のトレンドになるのでしょう。

基本は”透明感のあるナチュラルな肌”。

自然な美しさを引き出すために、まず重要なのはスキンケア。

春を迎える前から、冬の乾燥対策もしっかりしスキンケアでお肌の状態を整えていきましょう。

ナチュラルメイクでは、ファンデーションの厚塗り感が出ないように、シミやソバカス、お肌のくすみを上手に隠しながら自然な仕上がりを求めましょう。

2017年の流行りのメリハリ3Dメイクも継続し、ナチュラルだけどのっぺりとした印象にはならないように、コンシーラー等で立体感を出します。特に鼻筋や頬骨から目にかけてのラインを上手に立体的に見せましょう。

おすすめアイテムは、

  • コンシーラー (お肌よりワントーン明るめのものが◎)
  • スプレーファンデーション(ナチュラルメイクに大活躍する新アイテムが登場しそうです。)
  • メイクブラシ(ナチュラルメイクはメイクブラシを使うと 自然な仕上がりになります。)
スポンサードリンク

2018春夏トレンドのアイメイクは?

目元にポイントを持ってくるのはおしゃれメイクの基本ですね。

2018年のアイメイクのポイントは

メタリックやラメを部分的に使う。

基本のアイシャドウはピンクxブラウンでエレガントな女性らしさを演出。この基本色は春夏だけでなく、2018年通念を通して基本となるのではないでしょうか…。

メイクのトレンドでおしゃれを楽しむためには、目元で変化をつけることがおすすめです。

2018年春夏は、基本のピンクxブラウンにアクセントカラーになる色(黄色、グリーン系、ブルー系)を部分的にプラス

また、2017年から引き続き流行りそうなのはこちらのポイントアイメイク↓

キャットアイライン…太めで長めのキャットアイライン

目の下に引くアイライン…結構目立つ太さではっきり分かるように引くのがポイント

まつげのボリュームアップ…マスカラを重ねて長さとボリュームをしっかり出すまつげメイクで目元を強調。

2018春夏トレンドの眉毛は?

眉は濃いめのくっきり眉が引き続きとレンドとなりそうです。

お肌の”ナチュラルメイク”に合うように!といえば想像できますね。

眉もナチュラルに!細すぎず太すぎずのちょうど良い太さで、くっきりと濃いめに引き締めるのが眉メイクの基本となりそうです。

眉メイクアイテムとしては、2017年に流行った眉毛ティントなども引き続き活躍してくれそうですね。

2018春夏トレンド口元リップメイクは?

こちらもお肌の”透明感のあるナチュラル仕上げ”を基本として口元メイクはお肌の透明感を引き立たせてくれるメイクが必須です!

ツヤ感のある自然な美しさを出すためには唇の保湿が重要です。潤った状態の唇にお肌のナチュラル感が際立つ唇メイクをしましょう。

お肌の透明感を引き立たせるためには唇の自然な血色の良さを出してくれる色の、きれい目カラーのピンク色(くすんだピンクはNG)、鮮やかな赤色や朱赤も人気に!唇をグロスで輝かせるのは控え目になる傾向。

 

2018春夏トレンドチークの入れかたは?

チーク使いも、顔の印象をパッと変えることができる大切なメイク。

2018年の”透明感のあるナチュラルな肌メイク”に合わせたチークのメイクは、ナチュラルメイクだからこそ血色の良いほおを上手に出したいですね。

「チークを塗っています!」という塗りかたではなく、ふんわりと自然に色づいている感じで。

自然な感じのふんわりチークは、クリームチークを使って作るのがおすすめです。クリームチークを使うと粉っぽさが残らず、自然に見える血色の良いほおを作れます。

また、頬骨の上の方にハイライトを使用することで、小顔効果も狙えます。ハイライトはナチュラル風のメイクを野暮ったくさせないように斬新さをプラスするのに役立ちます。

まとめ

2018年新しい年の春は透明感のある”ナチュラル系メイク”を目指して、上品な大人らしさを演出してみてくださいね。ナチュラルメイクが好みな私は今から春が楽しみで、どんなアイテムを追加しようかとワクワクしています。

春のおしゃれが楽しみで、暖かな春の訪れが待ちきれないですね〜。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です