スポンサードリンク

唇のくすみを取りたい!キレイなピンク色にする方法はある?

潤ってぷるぷるしたピンク色の唇。憧れますよね。いつの頃か唇の色が変色してしまったけど、キレイなベビーピンクを唇に取り戻すことは可能なのでしょうか。

スポンサードリンク

唇の変色の原因は?

口紅を付けても、元々の唇の色がくすんでしまっているせいで、いまいち発色が良くないと感じることはありませんか?

唇のくすみにもいろんな形がありますが、

  • 部分的に唇の色が違う
  • 色がくすんでいる
  • 輪郭だけを縁取ったように黒ずんでいる

これらの唇の変色は色素沈着が原因が考えられます。

色素沈着というと、肌のシミやソバカスがすぐに思い浮かびますが、実は、色素沈着を起こすのは、お肌だけではないのです。

お肌と一緒に唇も色素沈着を起すのです。

寒いと感じる時に唇の色が紫っぽくなることでもわかるように、その時の体調などによっても唇の色は健康のバロメーターでもあります。

唇の色や状態で、顔色も悪く見えてしまいますね。不健康そうに見えたり、鏡の中の自分を見て、年齢を感じてしまったり…

でも、唇のくすみを取り、さらには潤いを取り戻しプルプルのベビーリップを取り戻すことは可能です。

原因を追求し、理想の唇に近づけましょう!

 

とてもデリケートな唇

唇は、アナタが考える以上にデリケートです。

その理由は肌と唇を比べてみるとよくわかります。

  • 唇には皮脂を分泌する皮脂腺がない
  • 水分を保持する角質層が薄い

唇も肌と一緒に外気にさらされ、さらに飲食するたびに毎日汚れる場所でありながら、

自衛力が弱いのが唇の特徴!

だから、どうしても乾燥しやすく荒れやすく、唇はとてもデリケートなのです。

また、唇のデリケートさゆえに

紫外線、摩擦、誤った日常のお手入れ方法が主な唇のくすみ、が主な変色の原因となります。

スポンサードリンク

唇のターンオーバーの周期ははやい!

デリケートで注意点も満載の唇ですが、実は嬉しい点も!

それは、

唇のターンオーバー周期が肌に比べて早いということです。

皮膚のターンオーバー周期は正常な場合で28日(約1ヶ月ほど)なのに比べ、

唇のターンオーバーはったの5日ほど!

 

*ターンオーバーというのは皮膚の新陳代謝のことです。

新陳代謝によって古い表皮が垢としてはがれ新しい皮膚が生まれるということです。

 

その短いターンオーバー周期を味方にすれば、短期間で成果を出すことが可能ということです。5日で成果が出るのなら、試したくなりますよね!

 

対策法を詳しく紹介

では、唇はデリケートだということを理解した上で、唇のくすみを解消していきましょう。

そのための対策法を紹介します。

・口紅をしっかり落とす

・紫外線対策

・摩擦を減らす

・リップクリームの塗り方に気をつける

特に重要なのが、この4つを意識して唇をケアすることです!

この四つについて詳しく説明していきます。

口紅を落とす

口紅をしっかり落としきれていないと、寝ている間も口紅からの油分がずっと唇に残ることになります。

そして、そのまま翌日にまで持ち越し、古い油分が紫外線に反応することで、色素沈着の原因となります。

口紅の色が落ちているように見えても、油分は唇に付着したままということもあるので、口紅の色だけで判断せず、寝る前にはきちんと丁寧にクレンジングで落とすようにしましょう。

紫外線対策

肌の紫外線対策はしっかりするのに、唇への対策は忘れがちではないでしょうか。

唇は肌以上に肌よりデリケートで、紫外線からの影響を受けています。紫外線による乾燥も悪循環を起こし、色素沈着につながります

ドラックストアでもUV効果のあるリップクリームが手に入りますので、唇も忘れずに毎日UVケアしてあげましょう。

摩擦を減らす

唇を清潔に保とうとしている行為”食後に口をしっかり拭く”ということが意外にも摩擦を引き起こしています。

また口紅を落とす時、鼻をかむときなども、唇に摩擦が起こります。

薄くデリケートな唇は、少しの摩擦でもダメージを受けやすいので、こすらず優しく撫でるかポンポンと押さえる感じにしましょう。

 

リップクリームの塗り方に気をつける

リップクリームにも正しい塗り方があるのをご存知ですか。

グリグリと塗りつけるのではなく、唇の縦じわに合わせて、リップクリームを縦に塗るのが効果的なリップクリームの塗り方です。

そして、唇の体温でリップクリームを柔らかくしながら使用することで摩擦を減らす手助けになります。

そのほかのNG 習慣

口呼吸

口呼吸の癖がある人は、唇に乾燥による荒れを引き起こします

乾燥も間接的にくすみの原因になるので、口呼吸をやめ鼻呼吸を意識て見ましょう。

喫煙

タバコのタール色素が禁煙によって唇に付着してしまうのもくすみの原因になります。

また、喫煙により美容に大切な成分のビタミンCを体内で破壊してしまいます。それがメラニン色素が沈着しやすい状態を作り、もちろん唇にも悪影響を与えることとなります。

リップクリームをつけての就寝

就寝中は新陳代謝が活発なとき。寝る前にリップクリームを塗ると、新陳代謝がうまくいかず皮膚の再生の妨げとなります。

まとめ

5日間という唇のはやいターンオーバーを有効に利用して、素早く唇を手に入れて見ませんか。

すぐに変化を実感できるのは嬉しいですね。潤いたっぷりのプルプルしたピンクリップを手に入れましょう!


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です