スポンサードリンク

盛りニットとは?2017~2018秋冬コーデはニットの着こなしでお洒落に!

今年2017の冬はどんなファッションが流行るのでしょう。

最近よく聞く、でも聞きなれない”盛りニット”という言葉、流行の匂いがしますね。”盛りニット”で今年のトレンドファッションを取り入れてみませんか。

今回は”盛りニット”についてや、”盛りニットコーデ”におすすめブランドやコーディネート等をお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

盛りニットとは?

ファッション雑誌などで聞きなれないファッション用語”盛りニット”という言葉を最近よく目にするという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

”盛る”という言葉の意味は、「盛んになる、賑わう、栄える、積み上げる」という意味があります。

2017春夏ファッションでは「盛り袖」が流行りましたね。盛り袖というのは、袖にたっぷりボリュームを持たせたブラウスやとップスのことで、それらがおしゃれ女子の間れ大人気でした。

「盛りニット」は「盛り袖」から派生したのでしょうか。

ということは、ふんわりと部分的なふんわり感が主役となるニットが流行るということですね。

冬だからこそできるふんわり盛りニットの着こなしを紹介していきたいと思います。

2017年春夏に流行った盛り袖を復習

見た目はふんわりとボリューミー、袖にたっぷりボリュームを持たせたブラウスやトップスが”が「盛り袖ブラウス(盛り袖トップス)」と呼ばれていました。

  • バルーンスリーブ
  • パフスリーブ
  • フレアスリーブ
  • スリットスリーブ
  • キャンディスリーブ
  • ベルスリーブ

などのボリューム感たっぷりの袖がポイントとなるものが盛り袖、ということは同様に、盛りニットというのは部分的にボリューミーな存在感のあるニットということですね。

スポンサードリンク

バルースリーブの盛りニット

ざっくり着こなせるふんわりニットのバルーン袖のボリュームが可愛い。さりげなくシンプルにファーバッグと組み合わせるのも◎

カジュアルな着こなしがとってもお洒落に。細身のボトムスとボリューミーなトップスの組み合わせは最高の組み合わせ。

真っ赤なふんわりニットとシンプルでカジュアルな着こなしがとってもおしゃれに見えるバルーンニット。ニットとデニムの相性はもちろん◎

ファーで盛りニット

ファー素材の盛りニットは最高におしゃれ。ファーアイテムを上手に着こなして冬のコーディネートを楽しみたいですね。特に袖口近くにファー使いのものが特に流行りそう。

袖のボリュームと色の切り替えがとってもお洒落。トップもボトムもボリューミーに着こなすのはお洒落上級者のわざ。

カジュアルファッションも袖のファーがオシャレドアップしてくれます。

 

部分フリルで盛りニット

一見シンプルに見える部分フリルも色とフリルの場所でイメージは全然違います。また、ボトムに何を持ってくるかも色々お試しでコーディネートを楽しめそう。フリルのものは特に使い回しが効きそうな盛りニットです。

こんなにスタイリッシュに仕上げることも!肩フリルとミニスカートの組み合わせは脚長効果も抜群!

肘付近のフリルとふんわりロングスカートで、やわらか〜い雰囲気を演出。

肩にフリルがあるだけで、おしゃれ度が断然アップ。ボトムスをシンプルにするとトップスが特に強調されますね。

フリルが全体に。ボリューミーで冬らしいモコモコ感がおしゃれです。

 

まとめ

盛りニットの流行の兆しが見えて着ましたね。早速お気に入りの盛りニットを探して、秋冬ファッションの先取りにコーディネートに楽しんでみてくださいね。

シンプルなものから、特徴のあるものまで様々これからどんどんショップには盛りニットが現れることが予想できそうですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です