スポンサードリンク

ヒアルロン酸って何?その保湿力と美容効果を最大限に利用する方法は?

”ヒアルロン酸”よく耳にすす美容用語ですね。お肌のアンチエイジングに良い!という成分ですが、ドラッグストアでも”ヒアルロン酸入り”という商品をよく見かけますよね。

今回は、ヒアルロン酸の実際の効果などを詳しく検証してみたいと思います。

スポンサードリンク

ヒアルロン酸ってなに?

ヒアルロン酸といえば、コラーゲンと並んでお肌にいいイメージがありますね。

でも実際にはヒアルロン酸がどんな成分で、どんな働きをしてくれるのかを知っているという方は意外と少ないのでは>

コラーゲンはタンパク質の一種であるのに対し、ヒアルロン酸は人間の体のなかに元々備わっている多糖類の成分(ムコ多糖類)。

体内の水分を保持する役割があります

その保水力というのが素晴らしく、1gのヒアルロン酸で6ℓの水を保持できるというくらい!

残念なことに、人間の体内にあるヒアルロン酸は年齢を重ねるごとに減少していきます。ヒアルロン酸の量を、0~20歳までを100とした場合、30歳までは70%、50歳までは40%、60歳までには約25%まで減少。

赤ちゃんの水々しいお肌に比べ、年を重ねるとお肌の水分量や潤いがなくなっていくのはヒアルロン酸が大きく関わっていたのです。

ヒアルロン酸は私たちの体内の細胞と細胞との間に多く存在しています。

それぞれの細胞を繋ぎとめ、細胞を守るクッションのような役割もしています。そして、体内の水分をため、肌の保湿性や弾力を保つことで、しわやたるみを予防してくれています。

スポンサードリンク

ヒアルロン酸の効果とは?

美肌効果

  • 抜群の保水力

ヒアルロン酸は1gあたり約6000mLの水分を保持する能力があります。
つまり、少量のヒアルロン酸を摂取することで、体内のあらゆる部分の水分を保湿することができるのです。
体内の水分が減少すると、肌にハリがなくなり、しわやたるみの原因となります。
水分保持の役割によって、ハリのある潤い素肌になる事ができるのです。

  • コラーゲンとの密接な関係

近年の研究で、ヒアルロン酸がコラーゲンに密接に関係していることが判明しています。
コラーゲンが変質すると、肌のツヤがなくなったりすると考えられていましたが、実は、コラーゲンの周りを守っているヒアルロン酸が減少していくことが大きな原因だったのです。
肌に重要なコラーゲンを守っていくためには、ヒアルロン酸を充分にとる必要があります。

関節とヒアルロン酸

ヒアルロン酸は関節液にも多く含まれています。
関節液の粘りと軟骨の弾力を活発にさせる働きがあるので、クッションとしての役割を果たします。
このクッションのおかげで、関節軟骨は重い体重を一日中受け続けたり、また走ったりした場合の大きな衝撃にも耐えられる構造をしています。
またヒアルロン酸は日々磨耗する軟骨を、寝ている間に修復するとも言われています。

ヒアルロン酸を体内に増やす方法は?

ヒアルロン酸をなんとか体内に入れて、赤ちゃんの肌ようなみずみずしさのある美肌を取り戻したい!と思われる方もいませんか。

ヒアルロン酸関連商品といえば、サプリメントにクリームやローションにヒアルロン注射に色々ありますが、何が一番有効なのでしょう。

それを考えるために、ヒアルロン酸の性質を理解する必要があります。

  • ヒアルロン酸を直接摂取しても美容効果は期待できない

 

  • ヒアルロン酸は、体内生産力を高めるか、体内分解を抑制する方法が有効

 

  • レスベラトロールがヒアルロン酸分解を抑制する

 

こういったヒアルロン酸の性質から、体内でのヒアルロン酸の生産性を高めることと、これ以上ヒアルロン酸が分解され失われるのを防ぐことが有効だということがわかります!

ヒアルロン酸を体内で生成するためには?

ヒアルロン酸の生産力を高めることが重要!ということですが、ヒアルロン酸の生産力を体内で促してくれるのがプロテオグリカンという成分。ヒアルロン酸とコラーゲンの生産も同時にコントロールしてくれる優秀な成分です。

魚・鶏・牛の軟骨部分や、エビ、うなぎ、フカヒレ、ヤマイモなどに多く含まれています。

一つ注意が必要なのが、プテオグリカンは熱に弱いということ….となると、上記の食品で加熱せずプテオグリカンを有効的に摂取できるのはヤマイモのみ?ということになってしまいます。

ということで、最も有効なプテオグリカンを摂取する方法はサプリメントでの摂取ということになります。

ヒアルロン酸の分解を防ぐためには?

アルロン酸の分解を防ぐには、レスベラトロールというポリフェノールの一種が有効です。抗酸化作用も高いポリフェノールは、美容にも健康にも有効ということはメディアでも頻繁に取り入れられていますね。

そんなポリフェノールがヒアルロン酸の分解を防ぐのにも有効だったのです。以下、ポリフェノールが豊富な食品を紹介したいと思います。

ポリフェノールが豊富な食品

果物では、

  1. プルーベリー
  2. すもも
  3. いちご
  4. ぶどう

飲み物では、

  1. ワイン
  2. コーヒー
  3. 緑茶
  4. 紅茶

 

 

そして、カカオ豆や大豆もポリフェノールが豊富な食品です。

嬉しいことにポリフェノールは意外と身近なものから摂取しやすいことがわかりますね。

まとめ

アンチエイジングに不可欠なヒアルロン酸。なんとか体内での生産を高め、分解を防ぐという二つのステップで、大切にしたい成分だということがわかりましたね。これからは有効的なヒアルロン酸を育て、守るという生活を心がけていきたいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です