スポンサードリンク

クリスマスデートに女の子を誘うタイミングと方法は?誘われる女性の心理を検証

いよいよ今年もクリスマスが近づいてきました。まだちょっとクリスマスデートに誘うには早いけど、気になるお相手をデートに誘うにはどうしたら良いかと考え始めている方もいるのでは?

デートの誘いに高い確率でOKをもらうために、女性の心理を理解した戦略を立ててみませんか。

今回は、少しでも多くの人にクリスマスを幸せに祝ってもらいたいという気持ちで、クリスマスデートに誘うタイミングや時期、方法、LINEメッセージの送り方などをまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。

スポンサードリンク

クリスマスデートに誘う最適な時期とは?

クリスマスデート実現までに一番最初の壁は、デートに誘う時期ではないでしょうか。

結論から言わせていただきますと、”クリスマス1ヶ月前~12月に入った頃までに”がベスト!ということです。

クリスマスデートのお誘いをするとき、誘う時期やタイミングというのは、本当に重要!

タイミングの悪いせいで、クリスマスデートが実現できなかった…なんていうことは一番避けたいものです。

 

1ヶ月も前から予約?というのは早すぎるのでは?と思われた方もいるかもしれませんが、女の子の方としてもそろそろクリスマスの予定を立てないと一人ぼっちに寂しいクリスマスになってしまうことを恐れ、女子会仲間とクリスマスの計画を始めるのも12月を過ぎた頃なのです。

っぱり一人で過ごすのは寂しいな・・と、思う女子なら、クリスマスを意識し始めると早めに予定を入れている可能性があります。

というのも、一大イベントのクリスマスは、クリスマスケーキの予約も 9月末頃から始まり、レストランなどの予約もいいとろこからどんどん埋まっていってしまうのです。

ということで、周りのクリスマスの準備は思った以上に早いということ!デートが早めに決まれば、デートのプランという次の重要なステップも待っています。

早めに女の子をデートに誘うメリットをまとめてみると、

  • 女友達やライバルに先を越されない
  • デートの計画、予約を順調に運ばせることができる
  • プレゼント選びに時間をかけられる

ということになります。

デートへのお誘いをちょっと遅めのクリスマス2週間前くらいにすると…

「ごめんなさい。○○さんに誘われてOKしちゃった。」

「女子会の約束しちゃったところ。」

と断れる可能性も大です。

 

また、まだクリスマスソングも聞こえてこない雰囲気の感じられな時期の早すぎるお誘いも×。

女の子の方も、数ヶ月先の予定まで確実に立てることには抵抗を感じてしまいそう。

 

ということで、クリスマスデートのお誘いはタイミングがとっても重要です。早すぎるのはNGだけど、できるだけ余裕をもって、誘うことが成功の鍵となりますよ〜。

スポンサードリンク

クリスマスデートの誘い方はさりげなく

好きな女の子とクリスマスデートをしているところを想像するだけでもドキドキしてきますよね。

デートに誘う時期を決めたら、次はどんな方法で誘うかとというのが次のステップとなります。

 

頻繁に会う機会のある子を誘うなら

普段の会話の中でさりげなく、「そういえば、クリスマス何するの?」「クリスマスの予定ある?」と聞いてみて反応を確認してみる。

会う機会が少ないお相手を誘うなら

ラインやチャトを使って、カジュアルにさりげない会話の中で尋ねてみましょう。

もうすぐクリスマスだけど、何するの?」「ところで、クリスマスの予定ある?」

と、かしこまらずに自然な会話の中でのお誘いが 断然お勧めです。相手の方も引いてしまわず、もし断らないといけない状況であっても後に尾を引かない断り方ができるのでおすすめです。

女の子の答えに応じて正しい対応を!

「ちょっと予定があって、ごめんね。」

というお答えの場合は、しつこく「何の予定があるの?」としつこく尋ねずに、「そうなんだ。」と、あっさりと潔く引くことがおすすめ。

「特に何も予定はないよ。」

Lucky!!お誘いしたらOKがもらえる可能性大だと思って良さそうです。時間を開けずに、思い切ってデートに誘ってみましょう。女の子の方も、何かお誘いがあるのかも?と思っているはずです。がっかりさせないためにも、即行動です。

「何で」

女の子の性格にもよりますが、微妙な答えですね。「誘ってもらえるかも?」と思いながらも照れ隠しのための「何で?」という答えであれば、可能性はありそうですね。興味のなさそうな反応の「何で?」という答えなら、もしかしたらデートにはOKしてもらえない可能性もありますが、誘ってみなければわかりません。

即、会話を続ける必要のある状況ですよね。「もし空いてたら、デートでもどう?」とか、”デート”という言葉を出すのはちょっと…という場合は、「(どこどこ)行かない?」とか「クリスマスディナーでも一緒にどうかな〜、と思って。」と勇気を持ってさりげなくプッシュしてみませんか。

「一人の予定だけど、○○しようと思ってる。」

特に予定はないけど、遠回しに断っているような感じが取れます。その言い方にもよりますが、あちらからさりげなくデートには誘わないでというお断りの感じが取れる場合は、「そっか〜。」とさりげなく流しておくのが良いようです。もうちょっとプッシュしたい場合は、「もし時間ができたら連絡ちょうだい。どっか行こ。」と一言伝えておくのも良いのでは。

クリスマスデートに誘われる女の子の心理とは?

男の子には理解できない女の子の心理を理解しておくことで、クリスマスデートに誘うのもちょっとは楽になるのではないでしょうか。

実は、女の子は男の子以上にクリスマスを特別なイベントだと思っています

そして、「絶対に一人ぼっちで過ごすことだけは避けたい!」と思っています。

「誰かデートに誘ってくれないかな〜。」と、お誘いを心待ちにしています

なので、普段よりもノリでOKを出してくれる可能性も高まっているということでもあります。

ノリで始まったクリスマスデートから、恋愛に発展させるには、あなた演出次第でもありますが、まずは「OK」をもらわなければ何も始まりませんよね。

誰かに誘ってもらえるというのは、決して嫌な気はしません。誘われた時に、冷静に装っている様子でも、本当はドキドキして心の中では飛び上がって喜んでいると想像できます。

だからこそ、本当は「もしかしてクリスマスのお誘い?」と思っても、「なんで?」なんていうそっけなく聞こえるお返事を返してしまうという子もいるのです。

女の子のクリスマスに対する心理がわかれば、断られることなど恐れずに勇気が出せそうですね。


スポンサードリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です